« 失敗は成功の? | トップページ | いつものコースにて »

2014年12月14日 (日)

治具さまさま…

治具…魔法の道具。
そんな言葉が思い浮かぶ程に実感させられたのが、今回のリンクアーム・ブッシュの打ち替え。



・復活!

いろいろネットで調べれば、とあるブログが参考になりました。( カイトスさん、勝手に参考にさせてもらいました 、ありがとうございます~)

で、長ボルトとソケットでこんな感じ。

因みに、ソケットはKTCの13㎜で外径は18.4㎜。
リレーアームの内径は19.0㎜なので、僅かに下回っていればイイ訳ですが、小さすぎるとブッシュの中に潜り込む恐れがあるので要注意。


Imgp09741_2
*両側からギューします

コレで、とりあえず前回失敗のブッシュ摘出を行ないます。

Imgp09762
*セット状況

両側をナットで押さえ、片方をゆっくりと締めれば…
おーぅ、入るぞ~

最初の1/3は手で締まりましたが、
だんだんキツクなってきたので、片口スパナでそーっと締めこんで…
で、緩めてみて様子を見ながらまた締めて、じわじわ…


Imgp09773
*出てきました~

最後はあっさり、きれいに抜けました(^^)v

セット失敗のブッシュ君は見事に先端が変形、ラッパに広がってる。
要は打っちゃいけない場所でした。

因みに、コレ磁石にくっつくので多分鉄製、銅色はメッキかな?


さて、いよいよ新品の圧入。
ブッシュ先端にグリスを塗って挑みます…

当たり面がキョロキョロ逃げる感じで、位置合わせが、なかなか決まりません。


Imgp09784
*ソケットの高さが足りないので、もう一段ソケット追加

で、斜めにならないように角ワッシャを当てて慎重に…

Imgp09805
*ムニュっと締めては戻して、段々と中へ…

上手く先端部は入ったので、角ワッシャは外してソケット直で押し込みます。

まるでトンネル掘削のシルード工法ですな…

最後まで、いけるか?
行きつ戻りつ様子を見ながらジワジワと進めます。


Imgp09816
*何とか収まったかな

気がつけば少し出過ぎた (^^ゞ

なので、逆から同じように押し戻して、納まれば完了。


Imgp09878
*いい位置です

オーケー、変形もなし。
カラーも、スコスコ (^^)v


Imgp09889
*あとはオイルシールを付けるだけ

新品のオイルシールを装着して何とか完了。

次回も出来るぞ自信、のオマケ付でした (^^ゞ



・プリロード

さーて、いよいよ、プリロードを+2mm固め方向に締め込みます。

現在値は197.5mmで、おおむね標準セット長。
これを195mmにして、固めにするのとリアーの車高アップを狙います。


Imgp09857
*ノギスで195出ています

ロックナットが固かったが、何とか調整開始。

結構回して、やっとこ2.5㎜分締めこみました。
回転数で行けば多分、1.85回転位かな(2.5㎜÷1.35㎜=1.85)


例によって、お一人様サグ測定は当社値435mm。
なので、今回のサグは75mmになります。

リアーのストローク180㎜に対し、1/3がサグの理論値だとすれば60㎜ですが、それよりプラス15㎜沈んでいることになる。

セロー君のスプリング標準セット長でのサグは90㎜でしたので、それよりかはマシ?なのですが、まだ固く出来るということもいえる。

そもそも、ストロークの1/3で決まっているのかも確証はないので、後は乗ってみて、感じてから考えるのが吉かと思います。


実際、跨った感じはやや後ろ上がりで丁度イイ感じ…
シートを押してみても別に思いっきり固くなった感じもない。


とりあえず終わったので、「ふ~」ですが、インプレは後日改めて…ということで。

« 失敗は成功の? | トップページ | いつものコースにて »

セロー250_足回り・制動系…」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 治具さまさま…:

« 失敗は成功の? | トップページ | いつものコースにて »