2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« 久々のフロントフォーク | トップページ | そろそろプラグ »

2016年8月29日 (月)

幻の峠

ブログやHPを見ていて、良い感じのサイトに出会えると嬉しかったりするんだが、果たして自分のブログがその様であるかは疑問 (^^ゞ
そんな中でも、感動を良い感じで表現しているHPで紹介されていた峠が気になったのは、セロー君を買ったころだっけ…


・まー夏休みなんですが

まとまった家族旅行は行かれず仕舞いでこの夏は終わる。
残されたものは、未消化の夏休なんだが、それも中々取りづらい…

それでも、とある木曜日に1日だけ、しかも一人で出かける機会到来!

ラッキーというか自発的でない分、消化試合みたいで何だかなーですが、せっかくのチャンスですから、その峠…毛無峠に行ってみることにしました。

通常であれば、早起きして出かけるんですが、前日までの疲れで起きれず ((+_+))

家人の出勤に巻き込まれ、家事を片してから、出発は8時前…
更に、朝の渋滞に巻き込まれ、もーウンザリしながら、関越道の三好PAでイキナリ休憩。


Dsc_0715
*いつものアイテムたち

それにしても、この時間から毛無峠まで行って帰って夕方6時までに間に合うか?
そう、夜も食事当番で時間限界があったりして…(T_T)


Imgp2858
*夏雲や…

平日なのに交通量、それも自家用車が多いのは夏休みだからか。

Imgp2861
*目的地群馬県の一方の境界

関越道から藤岡JCTを経て上信越道、松井田妙義ICで降りようと思っていたが、下道を行けば雨雲に突入しそうなんで、車上で経由地変更、上田菅平ICまで行くことにする。

横川PAで昼飯を調達…峠の釜めし。

さて、上田まで来れば辺り一面の真田丸なんですが、目もくれずR144をひたすら北上。


Imgp2881
*登りは相当長い登坂車線付き…スキー対策かな

高速道と違い、この辺りでは一般車も少なく走りやすい。

Imgp2883
*マイペースロード、イエィ(^^ゞ

菅平は合宿とスキーのメッカで、何だか上半身が太い人たちがワラワラ…

Imgp2884
*ホテルやコンビニなどの中心街

1,200m超えで24℃で涼しい。
停まって休もうかとも一瞬思ったが、その間もなく今度は長野市方面への下り道R406へ。


Imgp2886
*今度は下る下る、エネルギーもったいねー

暫くすれば、再び30℃超えの世界…

Imgp28902
*須坂市市街に入る

コンビニで休憩するも、ここで車載カメラのメモリーがほぼイッパイに気が付く。
相変わらず準備悪し。
取りあえず、必要なものを残しその他を消す?
PCなしの状況での作業は暑くてかなわんので、クラス10の8G買っちゃいました。
どこのコンビニでもフィルム替わりで買えてしまう便利さよ。。。

時刻は既に正午…時間が足らんぞ、多分。


Imgp28962
*須坂市と高山村の間辺りかな?

長野県道54号線から112号線に入れば、今日の目的地である毛無峠へのルートに乗ったことになる。

高度が上がれば冷涼感再び。


_dsc4704
*展望台…112号線途上の湯峰公園から山田温泉あたりを望む

何だか途中で老夫婦の車がちらほら停まっていて、みんな外で弁当を食べている。
涼しいんで、下界からわざわざ上がってくるんだろうけど、近場にこんなエスケープゾーンがあるって一種幸せかも。


Dsc_0716
*セロー君もクールダウン

さて、あと一息か。

Imgp29062
*ほぼ、独り占め

こんなワインディングロードが延々と続きます (^^)/

Imgp29072
*高原らしくなってきました

涼しいのと、日当たりが良いのとでロケーション最高。
改良Fサスの効果か、コーナリングが楽しい。
昔、ステップこすっていたころを一瞬思いだしたくらい(^^ゞ
安定して思い通り抜けていくことができる楽しさ。


Dsc_0717
*ついに来ました分岐点

この分岐点の右方面が112号線で、万座方面は後でできた道なのかも。
この112号線は、この先で廃道区間があり、路線上はJR吾妻線の大前まで繋がっていたハズ。



・今回は幻でした

分岐点を先に進めば、工事車両もあり最低限の保守は行われている。
というのも、地面を覆う植物が少なく(酸性土の関係なのか?)地表土砂が流出したと思うのだが、路面は流出土だらけ。


Imgp29122
*怪しい具合です…

空模様が晴れから、あたり一面の霧というか雲の中なのかな…

_dsc4707
*とうちゃこ、真っ白…

なんだか象徴的な景色に着いた。
本来であれば、この先下界に道が続いているとこが見えるんだが、360度視界不良残念~


_dsc4714
*角度を変えて

チェーンを越えて行っても、道は下の鉱山集落跡で途絶えているとのこと。
その先は廃道で、マニアの方がアタックし、中には本気で?遭難した方もいたりする。

その下の方から、それなりの勢いで霧が流れ上がってくる。
標高は1,823m、気温は17度。
夏装備のいでたちでは少々寒い。


_dsc4713
*結界外から(群馬県側)

命の危険すらある…
要は獣道もない状況らしい。

遭難ブログもググれば出てきますが、敢て紹介しません…


_dsc4709
*こんな手製の標識もあったり

さて、時間は午後も1時半。
やっと弁当タイム、しかも五里霧中(>_<)


Dsc_0720
*お昼~

上州横川名物、峠の釜めしいただきます。

香の物が美味しいというか絶妙で、お陰で食べきれる?

お椀は陶器なんで後始末に困るんですが、持って帰るしかありません。
底に穴を開け植木鉢、と考えたこともありますが未実行。


昔は大好物だったんですが、ここ10年はお見限り。
久々に食べれば美味かった、って空腹だったから?


_dsc4719
*少し先が見えてきた

峠の向こうの霧が薄くなれば、なんだか平場のような箇所が遠望できる。
小串鉱山の住居地跡かな。
毎年慰霊祭が開かれているとのこと…事故があったんでしょう。

_dsc4718
*そこに至る道は、つづら折れ

グネグネと峠から下る道は、ここから見えれども曲がりくねり狭く、路肩も怪しいので間違っても4輪はもとより2輪でも、担げないものは行かないほうが賢明であろう、と思わせる状況。
ビビリなんで当然行きません。


_dsc4723
*峠から、やや戻った地点にアレがありました

先ほどは真っ白で見えなく通り過ぎたんだが、硫黄搬出用と思われる索道の鉄塔。

周りがピーカンだと標高の高さなりの抜ける青空と、赤い地肌の超コントラストをひそかに想像してやって来てみれば、この有様でがっかり。

幻の景色は機会があれば、またネ、かな。


_dsc4725
*分岐点方面(北方)は霧も薄く遠望できます

因みに、冒頭のHPは 林道ナレノカワ線 といい、管理人さんはナレノカワさんだったりします。(何時も楽しませて頂いてます~)

さて、もう2時過ぎ。
あと4時間で東京まで帰れるかな…無理そう (T_T)

霧が晴れるのを待ちたいんだが、撤収です。


Imgp29182
*人外境ですな…

そろそろと、来た道を戻ります。

Imgp29212
*霧を抜ければ、ペースアップ

分岐点に出て、万座方面県道466号(通称上信スカイライン)に右折すれば、再び群馬県。

Imgp29262
*粛々と涼やかなみちを行きます

万座プリンスなんかを横目に暫く行けばR292に出るので、これを草津温泉方面へ。

白根山のレストハウスは相変わらず休業中。
昨年家族旅行でも通ったんだが、警備員が停車しないようにか見張り役。
この人たち大丈夫なんかね…防毒マスク持ってんだろうな。

などと、横目で見ながら硫黄の香り、というかキツイ匂いのなか草津へ下る。
草津の湯でも止まらず中心街湯畑も通らずに、R292で旧六合村方面へ向かいます。

道の駅六合で、休憩~


_dsc4726
*六合(くに)と読みます

もう4時ですが、先は長い…とほほ。

トウモロコシが生で試食できた…うぉ、甘いぞ。
感動のあまり、焼き1本、生3本(みやげ用)をGet!


Dsc_0721
*焼いても美味かった、旬なんだかね

トンボもぶんぶん飛んでいるし…僅かに秋です。

予定外ですが、時間の都合で暮坂峠~中之条~渋川と行くことに。


Imgp29302
*暮坂峠への登り

来る前に嫌な話を聞いた。

暮坂峠の牧水先生の銅像が切り取られ中国に転売…
悲しいというか、さもしいというか、クダラナイ出来事に巻き込まれた先生(ランドマーク)。


_dsc4727
*あるべきはずのものが無い…

自分的には好きな峠の一つで、ここに来れば往時の旅装姿の銅像を仰ぎ見、旅愁を深めたりで、旅の実感が高まるんですが、それが「無い!」

去年は家族旅行 で、 3年前はソロ で来て写真撮ったりで、必ず休憩するスポットである暮坂峠の主がいない。

…ひどい…

_dsc4728
*足首だけが凄惨な事件?を物語る(歌碑右上に痕跡)

因みに昭和の時代はコンクリート製で、平成に入る前の頃に銅像になったとのこと。
自分的には記憶もあいまいだが、20代そこそこの頃、50㏄(R&P)野宿旅で来た時はコンクリだったという事か。

募金箱でもあれば再建に微力でも、と思ったが事件がまだ7月のころなんで、何もない。

向かいにある茶屋兼ギャラリー(休日のみ営業)の方も、さぞかし驚かれたことだろう。

旅の締めくくりがこれではスッキリしないんだが致し方なし。


Imgp29392
*中之条まではまだ距離がある

さらにスッキリしない案件、車載カメラが謎の不調。
休憩停車すると、インターバルがオフになるという怪現象が発生し、車載写真が途中歯抜けでがっかり。(T_T)

熱でやられちまったかな?



<信州上田から毛無峠経由、上州中之条までの行程略図 by GoogleMap>  
Uedanakanojyou_2
大きな地図で見る (*システムの都合?で毛無峠の先がトレースされてしまいました)

中之条からはR353、渋川あたりでR17に出て、渋川伊香保ICで関越自動車道。

平日だというのに、やっぱり夏休み渋滞?
と、思いきや車6台絡みの多重事故、10㎞2時間とか!

晩飯の支度は御免、ヤツにはコンビニに行ってなんか買ってと連絡。
勤め果たせず撃沈。

ま、遅くなりましたが無事に帰れたから良しとしましょう…

(本日の走行距離 435Km  平均燃費35Km/ℓ)

« 久々のフロントフォーク | トップページ | そろそろプラグ »

ツーレポ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561011/64119061

この記事へのトラックバック一覧です: 幻の峠:

« 久々のフロントフォーク | トップページ | そろそろプラグ »