2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« リペア | トップページ | エキパイ(補足) »

2016年11月 5日 (土)

エキパイ

前から気になっていたエキゾーストパイプのサビ。
評判のすこぶる良い タダオさんの に換えてみることにしました。


・さびだけでは…

何時かは実行、と思っていましたが、自分御褒美でやっとこ決心ポチっ。
物は3日ほどで到着。

最近発売されたセロー本(ダートスポーツHP)に、似て非なるチャンバー付きが出ていたりで、ややグラつきました。
それでも、セローに排気脈動の利用を持ち込んだタダオさんは、ある意味開拓者ですから敬意を表し…というか、価格や流通状況から迷うまでなかったんですが。


Imgp3354
*SUSはキレイ

長さ的には、3㎝ほど前に垂れ下がるんで、都合7~8㎝位全長が長い感じ。
そもそも太い…その割に、やや軽いか。


Imgp3353
*気になる溶接跡

この溶接、気になってしょうがないんですが、この異常な?低価格からすればOKか。

Imgp3357
*やはり膨らんでいました

圧がかかるからか、浅いドーム形状。

Imgp3359
*好きな部分

セロー250のエキパイとマフラーのガードのデザインがうまいというか、デザイン全体の要になっていると思う。
個人的にもマフラーガードは気に入っている部分。


タダオさんのは、エキパイガードが再利用できる。
セロー250を判っているなー、というか合理的でもある。


Imgp3360_2
*あばた状のサビ

錆がやや進行しつつありますが、この程度ではどうということもない。
耐熱鋼が良くできているのか、そう簡単に酷くならない。

なので、生まれて7年目でも問題なく使えてきたわけです。

耐熱ペイントで再塗装すれば、まだまだ行けそうだし、多分遠目には新品っぽくなるんでしょうが…
タダオさんの評判が良すぎて負けちゃった、ということかな。


Imgp3361
*マフラーとの接続部

ここもこの程度のサビであれば問題なし。

Imgp3363
*ガード類を外して…

さて、ボルトあたりに浸透潤滑剤を少しブシュ。

マフラーの後部を止めているボルトがネジロック付きで外しにくかったこと以外は、問題なく外れてくれました。


・2つの不安


マフラーは2か所のボルトでフレームに固定されている。
エキパイはエンジンとボルト-フランジで固定されているのと、マフラーに差し込まれている部分の都合2か所で固定。

実際、マフラーを取り外す必要はないんですが、説明書によると鉛のガスケットがマフラー内に残った場合は外してください、とのこと。

今回、耐熱ペイントでリペアーしようと欲張ってしまい、これが後程やや問題になったりで… (^^ゞ

さて、案の定ガスケットがマフラー側にガッチリ残ってしまった。
コレ外し方が不明で、今回作業の不安案件の一つ。


Imgp3364
*このガスケット…

見てのとおり、どーしたもんだか…
こうなればムシムシ、コジルしかない。


Imgp3365
*焦らず少しずつ

とーぜんに、マイナスドライバーでやる訳です。
少しずつ差し込みながら、ぐるりと何周もして最後にペリット、取れた…


Imgp3366
*SUSのワイヤーたわし?に鉛コーティングなのか?

取れてヨカッター。
マフラー内面にやや鉛が残りますが、軽くペーパーがけ処理。 


タダオさんは径が太いんで、このタイプのガスケットは不要。
漏れ防止で、液体ガスケットを僅かに使います。


Imgp3358
*どちらにしようかな

下の方が間違えて買ってしまった耐熱温度200度のインマ二用の製品。
流石に不安なんで上のモリワキマフラー用の液体ガスケットを使いました。

このME30、液体と言っても殆ど粘土状で黒色。


Imgp3369
*マフラーはリペアー、エキパイはお疲れさん

いや、マフラーの重いことと言ったら・・・

Imgp3385
*底にホラ(ガスケットの残材は後で取り出しました)

マフラーの入口からライトで照らしてみれば、ハチの巣状の触媒ユニットが見える。
こんなところに隠れていたのね…


Imgp3368
*排気口を見れば

バルブステム周りに硬い残留物があって気になるが、まーこんなもんでしょうか。
全体的には思っていたほどにカーボンカーボンしていなかったのが意外。


Imgp3371
*もっこり何で?意図的?

取り外したエキパイの入口にはフランジが溶接してあって、ここが何故か盛大に肉盛りでボトルネック。
気勢を削ぐのかな…意味不明。


Imgp3372
*ガスケットを外す

エキゾースト接続部の左側、というか写真向かって右側に二次空気導入孔が開いている。(写真では影で写っていない)
例のエアインダクションパイプ(AI)に繋がる部分で、エアクリーナーからの新気を導入し排気ガスを再燃焼(酸化?)するギミックで、ある意味大事な部分。


さて、不安個所その2、エンジン側ガスケット外し。
先程と同様に少しずつですが、エンジンとガスケットの隙間?に慎重にマイナスドライバーを差し込みやっつけます。


ここはその1よりは簡単に取れました。

Imgp3373
*新旧

コの字断面の銅ワッシャにSUSワイヤーがグシャグシャが詰まっている。

Imgp3375
*収まりました

後は装着…
そういえば、モーひと仕事あった。


・よせばいい~のに

日ごろからエキパイと共にプチ錆びが気になっていたマフラー。
今回マフラーの再生をついでに目論んだ訳です。

とりあえず耐水ペーパーがけでサビ落とししてから、耐熱ペイントも裏表2~3回塗りします。

サビ落としまでは順調でしたが、ペイントはこの季節の事、なかなか乾きません。
乾かないと重ね塗りもタレの原因になるんで危うい。

ヘアドライヤーまで持ち出して乾燥促進。
というのも、家事が挿入されてお店を広げていられなくなったから…
家事に文句厳禁 (^^ゞ


Imgp3382
*こいつも5XT(このあたりは塗りがいい)

気を付けたつもりでも、垂れまくりの部分もあったりでショック (>_<)
昔、車の板金の真似事やってたのに、何だかなー。

Imgp3386
*ガードをつければ何とか様になる

塗装は慌ててやっちゃダメ、本当なら1日かけてやるべきなんでしょう。
チャンスがあれば、次はキレイに行きたいもんです。


・装着

新旧エキパイを並べればこんな感じです。

Imgp3376
*太いなー

ステンレスの質感もありますが、全体に大きい感じ。

Imgp3379
*段差が少ない入口

キレイです、なにもかもが…

さて、装着です。

再塗装したマフラー入り口のやや入った所の段差部に、先ほどのモリワキ液体ガスケットを薄く1㎝幅くらいで指で塗布。

ちょうどエキゾーストパイプが突き当たるであろう位置ですが、実際はそこまで入ったか怪しい。
ま、漏れたらやり直すだけか。


Imgp3392
*出来上がり

組みつけはパワーボックス(PB)本体が車体に触れないようにするのと、マフラーとの接続部の差し込みの具合が浅くならないか注意するくらいであっけない。
一応、熱のかかるボルトにはスレッドコンパウンドを少量。

結局なんだかんだで、4時間もかかってしまった…
やはり塗装が余計でした。

最後はパーツクリーナーで〆
きれいな布(靴下ですが)でステンレスに付いた指紋などを落としてお終い。


Imgp3393
*意外にデカイ、パワーボックス(PB)

純正ガードがPBの違和感を減らしてくれている。

Imgp3394
*逞しさUPっていうか、逞し過ぎかも

ホント、思っていたよりごつい。
セローがアイベックス化した感もある。


Imgp3391
*出てます

外側にそれなりに出張るのも事前情報では知っていたが、実感では相当なもの。

Imgp3387
*不思議な筒だこと

PBが取れそうだな、と思っていたが、ガッチリしてるんでハードなレースにでも出なきゃ取れんわな、こりゃ。

それにしても、右装着がパワーボックスで左装着がパワービームだからバランス的に丁度いいというか…(^^ゞ


・インプレ(近所)

通勤時と近所散歩レベルですが…

アイドリング時の音は、やや大きめに聞こえないでもない。

例のチリチリ音は、そー言えばそういう話もあったなくらいですが、回すとティティティ…みたいな排気音が混じってくる感じで、スロットルの開け具合に比例する。


Dsc_0067
*いい色出してます

発進時から「おっ」。
蹴りだされるは大袈裟だが、スルーっと前に出る感じで驚く。

極低速で家の前での旋回も、単気筒のパルス感が薄らいで楽に回れる。

PBは一種の排気デバイスだからか、単気筒の強い脈動がピークカットされた感じで、とにかくフラットな感じ。

各ギアの守備範囲が広がったことにも驚く。
低速側が粘ることは想像していたが、上の方も回しやすい。
乗っていて抵抗感がない感じがして、つい引っ張ってしまいたくなる。

無理せず車の流れに乗りやすい、ともいえる。

微振動が増えた感もないではないが、つい回してしまっているからか…慣れレベルか。

それでも、タダオさんの「気持ちイー」というほどに、気持ちよくなって来ない…そのうち来るのかな?


ある意味、オリジナルのエキパイの方が頼りなさげだが、カブ的な感じで肩の力が抜けていて、それはそれで良かったかもしれない。

まー、見てくれが良いし、運転し易さも大きく増しているんで、総じて換えてよかったと思う。
とにかく、なんだろう…プラス25㏄的なプチ逞しさを感じた次第です。
(一般道2日間の感想)

« リペア | トップページ | エキパイ(補足) »

セロー250」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561011/64440135

この記事へのトラックバック一覧です: エキパイ:

« リペア | トップページ | エキパイ(補足) »