2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« エキパイ | トップページ | 排気管の逆襲 »

2016年11月12日 (土)

エキパイ(補足)

わずかの時間があれば出かけます、新鮮で楽しいもんですから、つい…
という訳で、前回の補足です。


・試走2

今度は高速で試そうかと思い、出かければ運悪く大風吹く状況。
なので、また一般道…

やはり、回した時の頭打ち感が少なく、ビューンと回ってくれるもんだから、つい引っ張ってしまう。
これはこれで、機動性の向上というか、バイクらしい俊敏な気持ちよさだと思えるんである意味、「気持ちイー」。


Imgp3396
*昔よく行ったファミマで休憩

つらつらと一般道を行けば、勝手知ったる故か過去に寝起きしていた旧居あたりまで来てしまう。

ふと、アクセル開度を抑え、パーシャルちょい上あたりで流せば…
キタ━(゚∀゚)━! 「気持ちイー」

これか!
こりゃいいや。
てな感じで、リュリュリュリュ?的なエンジンフィール。

アクセル開度が緩ければ「気持ちイー」。
ガッと開ければ、気持ちよく上まで回ってくれるんで、それはそれで「気持ちイー」。

エンブレの適度化も含め、当社比で全域で良いです。


Imgp3397
*エンジンが違って見える

帰路は、風が収まってきたので、関越道鶴ヶ島ICから高速道。

加速感が向上しているのか、そう感じるだけなのか判らないけど、シャープな加速を感じることができる。
巡行でもエンジンの唸り具合は同じとしても、排気音が違って聞こえるためか、前よりは余裕のような感じがある。


が、ここで幾つか問題点が判明。

ステップ、タンク、ハンドルに今まで感じなかった微振動が発生。
70Km以上で感じられ、100Kmともなれば、それなりに来ます。
共振点が変わったのかな?

ひょっとしたら、今日はタンクバックやリアーの積み荷が無い関係かもしれないんで、次回ツーリング時に因果関係が判明すると思うが、そうでなかったら問題です。


Imgp3402
* 2本のパワーB(ボックスとビーム)

もう一点は、あんまりレスポンスが良いもんだから、ついつい回し気味。
結果、燃費2~3km/ℓダウンしたみたいな感じであるが、まだ給油1回なんで経過観察しないと判らないけど…

速く走ればそれなりに仕事をさせるんだから、それなりの燃料を必要とするのはエネルギー効率の観点から当然。
そもそも燃焼効率UPデバイス?ではないんだから、あとは運転の仕方だと思う。
タダオさんに合った操り方があるんじゃないか…とも思う。

あとは、排気ガスが以前より匂う気がする。

経路(管長)が長くなり排気ガス温度が下がりやすいとすれば、触媒の温度が上がらないから化学反応も良くなくないだろうと想像してるんだが、もともとがそんな匂いだったのか?測定でもしなければ真偽のほどは不明。


これを書いている時点で、チョイ乗り散歩が2回、通勤が8回位か?
だんだん、馴染んでんできて前であれば試す気にもならないトップギア45Kmからの加速も可能。
多少のガクガクさは無い訳ではないが、普通に使えてしまう。

下と上は使える領域が広がったのは間違いない。
但し、中程が弛んでいるような気がする時もあったりで、ここら辺も要経過観察?というか慣れの範疇かな?

エキパイにエージングは殆どないと思うけど、使う人間には慣れというのがあるんで今後の感想も変わっていくかもしれない。


Imgp3400
*関越道三芳PA上りにて

今回の試走で何時もは止らない三芳PA(上り)でいい場所を発見。
低い築山のテッペンにベンチが何故か一基。

午後の日差しのウラウラ加減が良い感じです。

因みに、この三芳PAですが規模はそれなりですがフードコートがあって、できた頃はTVで良く紹介されて、以来ほとんど混雑状態。

行かれる時は、時間帯を外したほうが吉かもしれません。

« エキパイ | トップページ | 排気管の逆襲 »

セロー250」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561011/64453156

この記事へのトラックバック一覧です: エキパイ(補足):

« エキパイ | トップページ | 排気管の逆襲 »