2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« 冬ごもりではありませんが | トップページ | 改修の2号機 »

2017年2月25日 (土)

ジョー再生

購入してからかれこれ15年位は経過したであろう空気入れ。
スカスカで入れられなくなったんで…


・ジョーブロウ(たぶん)

台湾のトピーク社の製品は素材をうまく使い、機能的でデザインも良いものが多い。(と思う)
自転車用の空気入れなんですが、購入時5Kもしなかったジョーブロウ(と読むのか?)PX。
メーターも付いてるんで当時としては高級な部類だった、のかもしれない。

自転車ばかりではなくバイクも行ける便利者。

ところが昨年の9月あたりから、エアが入らない、というか抜ける。
よく見ればホースの部分にクラックが僅かに見えているんで、これが原因と早計にも断定。

年数も年数なんで、新しいのを買おうか、とも考えたんだが、トピークで検索すれば密林で補修パーツが手に入る。

ゴムホース部は1Kで手に入れ交換したが、スカスカシュー…(T_T)
やっぱり粗大ごみ、か。


で、諦めかけたものの更にネットで調べれば、同じ状況の方が居たりして助かりました(感謝)。


Imgp3404
*左がスプリングとバルブ、右が口金(プラ)類

それにしても、恐るべしトピーク。
補修パーツが手に入るという事実。

結局、このスプリングとバルブ(単に穴をふさぐプラのプラグ)が機能不全の原因でした。


Imgp3405
*まずは分解…割と簡単

上の写真で、中程の丸いベース(黄色のアタッチメント付き)の真ん中に先ほどのスプリングが嵌るのですが、開けたとき鼻くその様な錆びた残骸があるのみ。

要はバネとして形が無くなり、したがってバルブを押し上げることができず、空気が漏れっぱなしになったらしい。


Imgp3406
*交換パーツを並べてます

でかいOリングはピストンに嵌る。
その右にあるスプリング+バルブ(プラグ)が肝心のパーツ。

そもそも錆びて溶け落ちたみたいな状況はスプリングの材質がただの鉄だったからで、これがステンレスであればこうはならなかったハズ。


Imgp3407
*ピストンのOリングを交換

こういうところは、手持ちのラバーグリスが役立ちます。

Imgp3408
*心臓部であるスプリング+バルブ(空気逆止弁)

さて、空気が入るか…
以前の手ごたえが戻ったんで、完了。

しめて4Kはかかったんで、多分新品が買えたと思うんだが、ごみを増やすのもどうかと思い敢行した次第でした。(結果論的ですが…)


Imgp3409_2
*無事、生還したジョー

ここの所寒いし、花粉はでてるし、ネタは不足だし。
なので、こんな小ネタですが、まー自分的には面白かったので勘弁してください。

それにしても、自転車カテゴリも3年ぶりくらいご無沙汰。
ホント乗れてません。
せめて弄る位はできそうなんで、次回も自転車モノでいこうかな。

« 冬ごもりではありませんが | トップページ | 改修の2号機 »

アイテム」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561011/64935141

この記事へのトラックバック一覧です: ジョー再生:

« 冬ごもりではありませんが | トップページ | 改修の2号機 »