2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« 予想以上(その1) | トップページ | 迷ったら原点 »

2017年6月18日 (日)

予想以上(その2)

過去のキャンプでは色んな出来事がありましたが、それらを思い出すような予想以上の一晩でした。
いやー、しんどかった。。。


・まんじりともせず、だがスッキリ

疲れている筋肉を冷やすと、夏ならば心地いかもしれません。
ですが、テントの外は雨で気温は一桁。

寝たと思ったら2時間くらいで目が覚める。
しかも足がつって、です。

流石に1日中走っていれば、峠を攻めなくったって外足荷重で足はそれなりに使う訳で筋肉も疲労状況。
そこへ芯まで冷える冷却を施せば、「攣るんです」…

痛いのなんのって (T_T)

明方までそれを数回繰り返し、寒くて寒くてシュラフ内でカッパを着たりでほとほと疲れ、気分は「もう、帰ろう」状態。

睡眠不足で東京まで帰るのもカッタルイが、ユックリ帰ればなんとかなるでしょ…(-_-)zzz


で、朝。


_dsc0416
*雨上がりの平湯キャンプ場

なんか、いい感じ…寒いけど。

_dsc0424
*陽はまた昇る

太陽が出れば、寒さと睡眠不足で陰々滅々していた気持ちが蘇ってくる。

実のところ、ここまで来た…日帰り圏を脱出して岐阜県に来た訳ですから、このまま帰るのでは非常にもったいない。

直帰しないで、予定通り飛騨古川に寄って行きますか…


_dsc0418
*おはようセロー君

ここのところ高山・古川は「君の名は。」で聖地化しているみたいですが…

まーそれもいいんだけど、自分にとっては母方の故郷が古川なんで、ここまで来たら少し寄っていって「?なノスタルジー」に一人浸るのも良いかな、と思っていた訳です。


_dsc0420
*2度だそうです (>_<)

さて、あさイチ。
昨晩できなかったキャンプの受付を済ませます。。。


_dsc0415
*真ん中上下方向がR158、右上のベージュ領域がフリーサイトです

バイク込みで1K(1000円)で、高くもなければ安くもない。
ロケーションは悪くなく(混んでいなければ)、かつ温泉は最高。

時期を外せばまた来てもいいかもしれませんが、その時はしっかり防寒装備でね…


_dsc0413
*キャンプ場入り口からR158平湯トンネル~高山方面

入り口にデカデカと受付管理棟の方向が出ている。
全く目に入らないほど、緊急状況だったのが昨日、はは…


_dsc0414
*管理棟前から交差点を見る

右は安房峠道路(有料トンネル)からの道~左はR471。
そして、山中なのにR158との交差点の不思議。

恐らく将来は高山まで抜けるんでしょうが、いつの事やら。


Dsc_0837
*一見素敵な雨上がりのキャンプ場

昨晩があんな有様だから、朝食も買っていない。
余裕無かったもんなー。

で、昨晩の残りの冷え冷えの磯部餅(残)と手持ちの鯖缶を開封してお湯でそっとボイル。

管理棟の自販機でホットコーヒー、以上朝食です (^^ゞ

寒かったが、結果オーライということにしますかネ。

実のところ、星空を期待してここに来た。
持ってきた…余計な荷物と化した三脚と簡易赤道儀(ポラリエ)とD610。
星野写真はまたの機会。

うろうろしていたら9時。
既に気の早いファミリーキャンパー達の車がそぞろ侵入してきている。

テントは乾く、撤収作業で暖まる、トイレも済ませた、さぁ行くっか。
一晩の無事を感謝し出発。


Imgp4145
*R471を下る

奥飛騨温泉郷から神岡方面~古川のコースで行きます。

Imgp4148
*奥飛騨温泉郷あたりか

昔の事ですが、この辺りは泊まる距離ではなかったんですよね。
どちらかと言えば通過点みたいな距離感覚。

遠くに行きたくて、ひたすら走っていた、キャンプしていた。
遠くが標準でした。
タイヤの真ん中以外が摺り減るのが快感、という変人でした。(今でも若干?)

今では、この辺りが距離的に限界だし、ここで十分に充足できる。


Imgp4152
*単調なR471

神岡までの単調なこの道は悪くない。
どちらかと言えば好印象の部類で、解放感が関東とは違う…なんちゃって。


Imgp4156
*今度はのぼり県道76号線

神岡に出る手前でR471から岐阜県道71号線に入る。
R41まで行くと…トラック多いんでエスケープ。

結構良路でした。


_dsc0428
*峠で下界を眺めれば、あれは古川?

_dsc0426
*休憩~

ユルユル登る71号でしたが南側は断層的に急傾斜。
ヘアピンの連続、改良工事多し。


Imgp4164
*グイグイ下ります

下界は既に古川市街の周辺。

Imgp4169
*古川に近づく

この旅の最終目的地、古川に着いたようです。

平湯から古川までの行程略図 by GoogleMap>
Hirayu_furukawa
大きな地図で見る(PC)

・一瞬、古川

市街地に入ると、交差点通過時に右に何か見えたような気が…
戻れば、気多若宮神社でした。


Imgp4171
*正面鳥居は、気多若宮神社

既に巡礼者?の人たちがチラホラ数グループが歩いている。

_dsc0429
*鳥居を入ればすぐに例?の階段

_dsc0433
*後ろから失礼します

位置的に古川を一望できる。

_dsc0431
*由来 (岐阜県神社庁HP)


_dsc0434
*古社特有の落ち着いた佇まい

折角ですから、お守り(子供の学業成就(^^ゞ)を頂きました。

_dsc0436edit
*この角度…かな

映画では瀧が三葉探しの途中に立ち寄った、的な場面で出てくるのが、向こうに見える階段あたり。(ご存じない方、スミマセン)

概ね舞台は高山市の方なんで、古川は僅かですが、神社の方に聞けば相当に参拝客?がふえたそうです。

聖地としての感想…
来ておいて何ですが年齢的にか無理があった(ワクワク感が無いんです)。。。<(_ _)>

むしろ、自分DNA的に1/4はここが故郷、ご先祖様もこの神社には参拝したであろう、のほうがしっくりくる。

さて、駅方面に向かいます。


Imgp4173
*古川市街

消雪装置からの錆び跡が多い。

母方の故郷とはいえ、既に縁故もなく当然冬来たことも有りません。
雪多いんでしょうね。


Dsc_0841
*さくら物産館前、正面に真宗寺

とりあえず、お土産Getで物産館。

Dsc_0839
*休憩コーナーはこの有様 (>_<)

当然に君の名はコーナー在り〼
組紐体験もできるらしい…

先ほど同様、レジのおばちゃん曰く最近はようやく落ち着いてきたとのこと。

地域貢献できているんで、動機はどうあれ問題なし。
むしろ、再びディスカバージャパン的な変な状況に「有り」だと思ったりする。

Dsc_0844
*自分にとっての心象風景

飛騨古川と言えば、この荒城川の眺めが印象的。
町家もいいですが、何故かこの景色が気に入っている。


Dsc_0846
*さーて、帰ろうか

昼前ですが、そろそろ引き上げなければ帰りがつらいロングディスタンス。
極端に睡眠不足なんで、後ろ髪惹かれますがそういうことでしょう。

写真撮りながら市内を回れば半日は最低でもかかると思う。
次があるならユックリ回りたいものです。


 

・361再び

Imgp4187
*R41から再び県道

時間の無さ、というか高山市は見どころも多いんで完全パス (^^ゞ
県道471号線(多分旧R41)に折れ、昨日通ったR361を目指します。


Imgp4192
*県道89号

で、やっとこR361に出て、昨日通った道の駅ひだ朝日村で昼飯。
やっとまともな?食事 (^^ゞ


Imgp4200
*再び361で山間を抜ける

Imgp4204
*ひたすら361

同じ道ばかりではつまらない。
そもそも飛騨方面から東京に帰る=安房峠(トンネル)経由が普通考えるコースというか、一択ですよね。

でも、大トンネル抜けた後のR158って狭いし、小トンネル多いし、それなのに大型車が多いんで嫌なコースでもある。

なので、距離的にはしんどいがエスケープルートとしてのR361。
ロケーションも良いしね…


Imgp4205
*深い意味はありませんが、トンネル内にしてはきれいに撮れたんで…

流石に同じ道はどーかと思うんで、今日は野麦峠経由でR19から中央道でいいかな、と思っていた。

しかし、野麦峠がけ崩れで閉鎖。
小さな立て看板が出ている。
「ウソー」
一応スマホ(人家の無い山中で4Gバリバリ)で確認すれば間違えなし。

なので、下の写真の様に一寸行って引き返し休憩~


Dsc_0848
*橋がR361、セロー後方が野麦峠方面

むむむ。
こうなれば、最後まで361を行くしかならず止む無し。


Imgp4207
*残念休憩(on Serow)

Imgp4208
*361復帰、延々とこんな感じ

何となく周りが平たくなれば、1日ぶりの開田高原。

Imgp4214
*開田高原アゲイン

開けていて夜空も良さそうな雰囲気。
ここでキャンプもいいかもしれない。


Imgp4215
*開けた場所で車上から~右に御嶽山

昨日より条件が良いので全体が写せました、御嶽山。

_dsc0439
*開けた眺望

標高は1000mを超え、真夏でも30度を超える日も少ないとか。
木曽馬の産地だそうです。


_dsc0438
*今日は主峰が見えます

穏やかです。
爆発なんて信じがたい雄大な静けさ。


Imgp4218
*R19を目指す

再び九蔵峠を過ぎ…

Imgp4227
*あとは下るのみ

Imgp4228
*交差点がみえたらR19

時代錯誤的で?なんですが、R19この辺りにくると昔のCMを思い出して何故か脳内リフレイン。

イメージの断片は、SLと並走する車、自転車?

スカッと爽やかな、あのコーラ。
子供のころ見て刷り込まれたイメージ。
どうにも19号線と中央西線が並走していたりで、雰囲気ダブるのかな。


Imgp4233
*R19木曽路を北上

実際、延々と鉄道と並走していることもないんで、全く他の沿線かも知れませんが… (^^ゞ

北上すれば、再びR361との分岐点のコンビニに出くわす。
今日はR19を直進しますが、とりあえず休憩。

・クシタニその後

今回、上から下までクシタニ三昧。
休憩ついでですが、その後を若干紹介。


Dsc_0850
*クシタニのエクスプローラ(グローブとジャケット)

EXスタンダードグローブ は3年半経過。
春秋用の洗える例の皮。
しっとりし過ぎているかと思えば、それでいて頑健な感じもあり不思議なフィーリング。

エクスプローラジャケットは昨年秋に購入。
防水性があり、夏は暑いと思うが、背にベンチレーションがたっぷりとってあるので、風に当たっている限りでは問題ないと思うが、真夏は無理か。
一日中乗車しているロングツーリング向けかな。(そー言えば、購入時にレポートしてなかった)


Dsc_0849
*ブーツとジーンズ

ショートビルダーブーツ2 は購入してから4年が経過。
当初は皮の常で硬くて難儀したが、半年もすれば馴染んで今や安心感以外の何物でもない。
注文があるとすればチェンジパットと、個人的には丈がもう2~3㎝欲しかった位。

Eコーデュラパンツ(ジーンズ)は先日購入したばかり。
個人的には例のニーパットの位置をもっと下げる必要あり。
店で裾上げだけではなく、そーいうフィッテイングをしてもらえたら有難い。
今回、膝下は殆ど濡らしてしまい失敗したが、この部分は生地が三層のため守られている感があって、やはりロングツーリング向き。
ジャケットと同様に真夏はきついと思うが、ジーパンとしては安心感があり良いと思う。

以上、ついでの経過的用品レポートでした。

・淡々帰路

さて、中山道。
この辺りから気温が上がり…


Imgp4244
*奈良井宿あたり

更に寝不足がたたり、ただでさえ怪しい判断力がダメになってくる。

で、せっかくの奈良井宿チャンスを通過。
ここ、珍しい木橋があるらしい…休めばよかった。


Imgp4250
*ひたすらR19中山道

このまま行けば塩尻ですが、それでは市街地の渋滞に捕まるかもと、どこかで右に折れエスケープ、牛首峠超えコースで辰野と塩尻の中間に出るプランもあったんだが、右折ポイントが判らず。

家に戻ってからストリートビューで確認したが、標識も無くわかりづらい。
ま、行くなという道なんでしょうか。


Imgp4251
*塩尻市街が近い

市街に入れば予想通りの休日大渋滞祭り開催中。

<塩尻までの行程略図 by GoogleMap>
Furukawa_siojiri
大きな地図で見る(PC)

何とかパスして、塩尻ICで高速道路。

Imgp4263
*塩尻ICから長野道

あとは、淡々と帰るのみ。
オッと、昨晩の件もあるんで居眠りだけは注意々。


Imgp4268
*諏訪ICあたりか

中央道最高地点(1015m)を超えれば、行く手に特徴的なシルエットの独立峰が遠望できる。

Imgp4274
*フジサーン

後輪の落ち着きがない、というか接地感覚が少ない気がする?
これ眠いんです、しかも相当眠い状況。
やはり午後はもたん。

で、普段はとまらない中央道原SAで休憩。


Dsc_0851
*中央道の原SA

入って意外に良かったのは、こじんまりしているものの乳製品が充実していること。
牧場が近辺に多いからかな。

乳製品に目がない故、パスチャライズド牛乳やチーズケーキまで食す訳です。
(ますます眠くなりそう)


Imgp4280
*はっきり見えてきた

この辺りから、小仏TN前13Km渋滞の電光表示が、伸びもせず減りもせず変?

日没直前に釈迦堂PAで一寸渋滞情報の収集休憩。


Imgp4288
*笹子トンネルへの登り

結局状況は判らず仕舞い。
どーにも仕方なければ、柳沢峠~奥多摩経由もあるんだけど…
今日は、それもしんどいんで取りあえず高速。


Imgp4293
*また眠いぞ

談合までは順調に流れる。

Imgp4295
*休むか~

Imgp4296
*談合坂SA上り進入

ここで、軽食+仮眠で1時間以上待機。

暇なもんだから、目の前のバイク駐車スペースにあるバイクの台数を数えれば22台。
そのうち自分のを入れて2台が250、その他は殆どが750オーバーと、ココだけではなく高速のSAPAで良く見られる情景。250の人はあまり遠乗りに出ないのかな?

更に特徴を言えば女性の方が数人居たり、若者が見当たらないみたいな感じです。
以上、談合坂サービスエリアからでした。。。(>_<)

そんなこんなでボーっとしていたものの、13Km渋滞は変わらず仕舞い。

止む無く出発。
渋滞というか停止している車の間をそろーっと進行すれば原因判明。
3車線区間で真ん中の1車線のみ通して、その両側は追突車両が重なっていた。
5~6台の多重か?

多分中央道の週末では珍しくない状況。
でも、これが通常だとすれば毎週が異常だよ。

安全に走りたいのか速く走りたいのか、その両方だが自分は事故らないぞ、なのか人それぞれ。
ですが、トバッチリは御免なすって、は共通認識だと思います。

アクシデントならばしょうがないけど、無理な運転も散見される高速道…今日の事故はどーなんでしょうか。

当方、なんとか無事これ名馬、PM9時過ぎには帰還。


(本日の走行距離丁度400Km、総走行距離2日で769Km、平均燃費37Km/ℓ)



PS

帰ってきて、タイヤの空気圧が低いことに気が付いた…
前が1.1、後が1.3 (>_<)

何か重い感じがしたのはコレでした。

全く、何回失敗すりゃ…
人生常に反省と忘却の繰り返し、じゃマズイですよね。

次回は、出かける前の基本的な点検、忘れないようにしたいものです。

« 予想以上(その1) | トップページ | 迷ったら原点 »

ツーレポ」カテゴリの記事

バイク用品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561011/65411821

この記事へのトラックバック一覧です: 予想以上(その2):

« 予想以上(その1) | トップページ | 迷ったら原点 »