« 目玉おやじと新プラグ | トップページ | 試験走行なんだけど »

2018年9月 2日 (日)

魔法じゃないよ、たぶん

6月から、いじりが続いていますが…(^^ゞ
今回はゼロポイントシャフトの続編です。


・やはり後輪も

前輪シャフトを交換してシャキッビシッと感動のゼロポイント。
その効果は前が判りやすく、後ろはそれほどでもないと購入したYSPでも言われましたが…
まー、セルフ誕生日プレゼントということでゲットです。


Imgp6162
*ただの黒い棒ですが

相変わらずスリスリしたくなる程の素敵な表面仕上げ。

Imgp6168
*290g位

既存純正は写真失敗。
確か重量390g位なんで、丁度100gの軽量化。
バネ下なんで、それなりの効果があるかも。


Imgp6169
*新旧並べると

純正は前側と違いユニクローム系のメッキ。
よく見るとベアリングの当り面のメッキが摩耗してい、錆のような跡がある。
確か前輪側では、ここまでにはなっていなかった。


Imgp6170
*もう少し寄った写真

もう、何処にベアリングハウジングが当たっていたかハッキリ判ります。
YSPさんが言うには、ゼロポイントでは当り面が殆ど付かないとのこと。

因みに、ゼロポイントの真ん中の品名表示は、前側と同じで僅かに傾いているんだが、ひょっとしたら敢えてそうしているのかも。

さて、ジャッキアップして…
旧シャフトを抜いて、後輪は外すさずチェーンを外して、少しずらすとカラーが外せます。


Imgp6173
*リアーアクスルカラー 左と右

ここも前側と同様で、シールのリップ当り面が線状にピカピカ。
ということは、その分シールも損耗しているのかもしれない。

前回同様…(^^ゞ
ダストカバーは問題なしということで、てんこ盛りだった古いグリスをウェスで拭ったあと、パーツクリーナーで軽く洗浄。


Imgp6171
*左ドリブン側、シールがベアリングに殆ど密着

上の如くなんで、ベアリングはグリスアップ出来ない。
シール外せばなんですが、例によって気温が高めなんで、ここはムリせず続投です。

カラー同様、リップ部はウェスで清掃、軽くグリスを盛って終わり。
分解時以外はクリーナーは使いません。


Imgp6172
*右ブレーキ側

そもそも、後ろ側のベアリングはシールタイプみたいです。

だとすると、ベアリング本体もゴム系のシール付きで、見えているオイルシールを外してもグリスアップは出来ない構造。

ベアリング自体ノーメンテですが、オフも行かない使い方で4万キロ。

他の方のブログを拝見すれば、しばしばベアリング交換の記事も見受けられますが、自分使いから考えれば、おそらくは大丈夫だと思う。
正直グリスアップ位は、やってあげたいけど、それが困難ならば交換になるということなんでしょう。


Imgp6175
*シャフトの頭部

前側シャフトよりは面取りがあり、見た目良い感じ。

Imgp6174
*ナット側

既存のナット、ワッシャはパーツクリーナで清掃し再使用。
シャフトはヤマハグリースを薄く塗布してインストール。


Imgp6176
*前と同じ中空軸

はみ出たグリスを拭って完了です。

車体を車庫(家の隙間)に戻す際に、押し歩きが異常に軽くなった…
前側の時は、最初判りにくかったが、暫くして軽くなってきた感が出てきていた。
今回の後ろ側交換で、更に軽くなったということです。

魔法的なコレが何を意味するかは、よく判らないというか説明が難しい部分でもある。

おそらくですが、今までは必要以上に高精度な日本製ベアリングの本来の動きをスポイルするような何か不要な挙動が有って、それが減った?ということなのかも。

視覚的にシュミレーションした素材でもあれば伝わり易いんでしょうが、ゼロポイントシャフト装着車に乗って、その効果を体感している者として、どうにももどかしい部分でもある。


ザックリですが、近所試し乗りレベルでは、後ろ半分が強化された感じ。
後輪に塊感があり、交差点では今まで以上の接地感…
より廻り易くなった感じがする。
が、どれも前輪の時ほど顕著ではない。

シャフト端を触れば前側と違って、ほんのり暖かい…
ベアリングなのか?
今までこの部分の温度気にしなかったしね…(^^ゞ

これ以上の違いは、峠道にでも行ってみないと判らないかもですが、天気が怪しい晩夏の空、さてさて。

« 目玉おやじと新プラグ | トップページ | 試験走行なんだけど »

セロー250_足回り・制動系…」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魔法じゃないよ、たぶん:

« 目玉おやじと新プラグ | トップページ | 試験走行なんだけど »