« 国道めぐり | トップページ | さよならこんにちは »

2018年10月18日 (木)

国道めぐり(その2)

安達太良の一夜も明け、天幕の外を覗けば曇り空。
雨の撤収は勘弁なのでホッとしている…場合ではない。


・また来たいもんです

ほとんど熟睡でした。
足が攣って、若干目が覚めたもののまた夢の世界へ。
どうにも長距離乗ると脚の負担の関係からか攣りやすいようです。

Dscn0338

*アサー…(^^ゞ

明けて曇天。
一人では贅沢なサイトでした◎

ハッキリと気温を覚えていませんが、昨年の平湯キャンプの0度近くとはほど遠い2桁台であったことは確か。

Dscn0339
*朝食ー (^^ゞ

インスタントコーヒーを淹れ、菓子パンで相変わらずの簡易な食事。

Dscn0347 
*アイリスさんの中

備忘録ですが後部BOXの中は、こんな感じ…(上から)
①折りたたみ椅子(3本脚)
②工具セット(気合いの?19mmレンチ入り)
③サンダル
④折りたたみテーブル
…以上、四点セットでした。

因みに、左にぶら下がるカモ柄はテント一式収納のデグナーバッグです。
残る必需品(シュラフ、着替え、バーナー等)は、主にシートバッグに収納。

Dscn0340edit
*ムーンライト2(フライは外している)

三角くさび形なヤツ。
かつて使用していたムーンライト1は辛抱堪らん狭さでしたが、この2ならば我慢できる広さ。(上体何とか起こせる程度)
だからか自分的には気に入っている。

所詮はムーンライトな男です…(^^ゞ

Dscn0344
*炊事場もそつなくキレイ

相当広いキャンプ場なんで、早起きして散策に出たとしてもプチハイキングになるかもしれない。

Dscn0346
*林間の個別サイト(奥にセロー君)

Dscn0349
*標高が低い地点まで降りるとフリーサイト、開けているんで本宮市街が遠望出来るかも

キャンプ場入り口が高いところにあり、各サイトへは坂を下るイメージ。

敷地全体の周りに電流柵が設置してあり、動物的には安心なんでしょうが、夜遠くで獣の戦う?奇声が聞こえたりでビクッとした…山だから当たり前か。

Dscn0332
*地図では、概ね真ん中の黄色いのがビジターセンター、その右下の緑の島々が個別サイト、フリーサイトは一番下になる。

精算方式なのでビジターセンターに顔を出す必要があります。(AM8時から)

お世話になったフォレストパークを後に出発。
さて、何処で雨に遭遇することやら。


Imgp6480
*パークを出て下っていくと県道にでる

本宮市でR4に乗ります。

Imgp6484
*R4…空いている

降雨まではまだ時間的余裕がありそう…というか、関東に下れば明らかに雨雲の下。
慌てる事はないので、ゆっくりと一般道で行くことにします。

Imgp6496
*須賀川市街…旅籠屋さんから少し過ぎたあたり

須賀川は5年前に
セロー君お泊まり
で来た町、懐かしい~

Imgp6498
*須賀川過ぎて空いているR4、向こうに見えるはR118か

矢吹に入ってすぐの711で休憩。

Dscn0353
*酪王カフェオレは標準装備…かも (^^ゞ

コクピット廻りは相変らず満艦飾。
適当に引っかけてあるガーミンがハンドルバーとタンクの間に挟まるのは困りもの…考えねば。
タンクバック上の高速で貰える地図、適当な自分にはこれが一番向いているのかもしれない。

R4に戻ってしばらく行けば、何故か延々と渋滞しているんで、左(西方面)にエスケープ。

Imgp6511edit
*R4白河目前で渋滞回避、泉崎方面へ左折…

当初、白河からR294あたりで南下すれば、カッパ着ない時間?が少しでも持続できるかと思っていた。

実際に県道に入り込むとカーナビ無しなんで、行ったり来たりでややこしくなる。
まー、でも色んな景色も堪能できると考えれば、それも良いかもしれない。

Aizu_r294_2
*フォレストパーク-R4-ぐねぐね-棚倉方面 (by カシミール)

因みに、走ってきた国道4号線は古くは陸羽街道、江戸期以前は奥州街道、更に遡れば東山道という言い方になる。


・陸羽街道から東山道

きれいに街道を辿って行ければ良いけども、調べもせずにぶらっと走る訳ですから適当野郎 (^^ゞ

あとはひたすら東京に向かい県道ー国道を行くだけ。
自分的には意外と面白かったんですが、多分見るだけでは退屈レポなんでご容赦下さい。


Imgp6512
*泉崎市街…ニュータウンの様です

東北本線を高架で超す福島県道75号線。

Imgp6515
*たぶん阿武隈川にかかる橋梁…県道44号線

Imgp6519
*よせば良いのに、目的もなく迂回県道278号線

Dscn0354
*黄金の稲穂…白河市と棚倉町の間くらいか

たまに雨がちらほらですが、ザーッとこないのが救い。

Imgp6522
*県道44号線に戻っちまったぜ…一瞬中島村

県道44号線も僅かで、すぐに国道R289からR118へ。
それも僅かで、福島県道60号線に入り那須方面を目指す。

Imgp6529
*棚倉市街から県道60号線で栃木県境を目指す

当然に県境で管理区分が変わり福島県道から栃木県道となるが、例の法則に従い60号という番号は変わらない。


Imgp6531
*戸中峠を超えれば那須

桜の木が目立つ急峻な峠を下り、道が長閑になれば右方面からの意味ありげな道筋がみえれば、それが東山道。

栃木県道60号線は東山道(県道76号線)と合流する。
東山道を逆に辿れば、いにしえの本当の白河の関に至る。
以前、関跡に車で訪れた際に見た景色、それはもう大らかな空間としか言いようのない趣のある古蹟でした。

Imgp6534edit
*この先の交差点でR294(左折)

直ぐの道の駅で休憩。

Dscn0359edit
*道の駅「東山道伊王野」にて

Dscn0358
*案内板

昼時だったので、蕎麦とか食べたかったが満席っぽかったんで諦め。

Dscn0357edit
*しょうも無いセルフポートレイト?

お土産爺と化して、伊王野(いおうの)を後に出発します。

・ロードつくし

国道294号線をひたすら南下すれば帰れる。

3桁ナンバーは何だか覚えにくいと予てより思っていたが、視界の片隅に「294=つくし」、というのぼり旗が目に入る。
なるほど覚えやすい…はて、何の旗だったか?

Imgp6537
*いーい感じの国道だ

あまり曲がりくねることもなく、ひたすら日本の田舎といえば語弊があるので地方都市間を繋いで東京に至る道。

宇都宮近くまでは例の奥州道・東山道と被るらしい。

Imgp6539
*大田原市黒羽

黒羽という街に入る。
写真には写っていませんが、この先でクロスするのが日光から高萩までを繋ぐR461。
こういう3桁国道を見たりすると、いつかは制覇したくなるってもんですよね…って変?

Dscn0365
*294沿いに古墳!…下侍塚古墳

前方後円墳ならぬ前方後方墳って初めて見た!

Dscn0363
*解説版

この近くには市の歴史民俗資料館や那須国造(なすのくにのみやつこ)の碑などが有ったりで、郷土史というか国の歴史の一端が垣間見える地域のようです。

ここが、飛鳥~奈良時代は那須国(なすのくに)の中心であったとすれば、R294も東山道(道の呼称であるとともに、地方の呼称でもある)であったとういう事なんでしょうか。

資料館とか見たいところですが、古墳を写真に収めただけ。
雨が心配なので先を急ぎます。

Imgp6543
*那珂川町あたりか

Imgp6545
*気持ちの良いカーブ

那珂川町でBPが途中までで、市街地を走る旧道294に戻される。
このあたりではR294と那珂川は平行して南下する。
そのためか簗(やな)の看板をよく見かけた。


Imgp6549
*R294は那須烏山市に入る

Imgp6550edit
*那須烏山市街手前の滝田大橋

R294はこの先、茂木町に入り南西方向に進路を変え、益子から真岡へと続く。

おそらくだが、推定東山道の方は茂木に入る前にR294と別れ、宇都宮市~栃木市(下野国府)方面へと向かうはずだと思うのだが…キレイに一致しているとは思えないが、そこはいずれ調べてみたいもの。


Tanagura_r294
*伊王野から益子へ (by カシミール)

Imgp6556edit
*茂木町須藤あたり…長閑294

Imgp6563
*R294は益子町に入る

小粒の雨が降ったりやんだりでしたが、この辺りから、ハタハタと止まらなくなりいよいよ天気の怪しさが増してきた。

Imgp6569
*真岡市走行中、左に見えるは真岡鐵道のようです…レンズに雨粒

もうあかんか~
時刻は13時過ぎ、よくぞここまで持ったもんです。


・本降り走行

とうとうバシバシになってきたのでファミマで雨宿り兼カッパ装着。

R294は筑西市、下妻市を通り抜け…


Imgp6592edit
*やっと、北関東自動車道とクロス

ここで高速に乗る手もあるが、まだ早いので圏央道までこのままR294で行きます。

Imgp6597
*本降りです (T_T)

予想していたよりは遅かった雨との遭遇でしたが、その量がそれなり。
ブーツカバーを省略していたんで、暫くすると足先に冷たい感触。
この雨では、クシタニの革でもだめでした。

慌てて、再びファミマでブーツカバー装着と相成る。


Masiko_r294
*茂木から常総、圏央道へ(by カシミール)

下妻市から常総市に至れば、首都圏中央連絡自動車道の常総IC。
やっとこR294ともお別れです…
長かったが、なかなか味わい深い快適な3桁国道でした。

Imgp6609
*やっとの高速道(圏央道)

雨の高速、しかもそれなりの雨量、久しぶりですなー

Imgp6620
*東北道との交差、久喜白岡JCTが見えます

雨天の高速でも90位で走っていれば、何の不安も無いセロー君。
たくましくなったもんです (^^)/

Dscn0367
*菖蒲PAにて

雨中走行は疲れるんで、ここで暫く休憩。
因みにこのPAお土産が割と豊富ですが、カッパ姿なんで入れなかった (T_T)

Imgp6630
*再び雨中走行の人と化す…川島IC付近

鶴ヶ島JCTで関越道にスイッチ、ここまで来ればあと僅か。

Imgp6637
*関越道も当然雨

取りあえず17時くらいには無事帰還、お疲れ様でした。

走ったことの無かった2本の国道、どれも個性があり面白かった。
逆向きで走っても面白いかもしれないし、自転車で行ってみたいなんても思えるが、それは無理かなー (^^ゞ

まー、相変わらずの強行軍的遠くに行っちゃった旅でした。


Adatarar294_2

*安達太良からの縦断図 (by カシミール)

(本日の走行距離 326Km 総走行距離2日で818Km、平均燃費36.0Km/ℓ)

« 国道めぐり | トップページ | さよならこんにちは »

ツーレポ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国道めぐり(その2):

« 国道めぐり | トップページ | さよならこんにちは »