2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

バナー

  • にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備
    にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
  • にほんブログ村シニアライダー
    にほんブログ村 バイクブログ シニアライダーへ
  • にほんブログ村バイクブログ
    にほんブログ村 バイクブログへ

« 予感?若しくは・・・ | トップページ | ブレーキメンテもどき2 »

2012年8月19日 (日)

有間峠へ

ついにこの日が来ましたー
やっとツーリングに出られます。ただし、AM11までに帰還する条件付ですが・・・


・早朝

日が昇るまえに出発。新青梅をひたすら西へ行く。

六時ころに朝食、コンビニのオニギリで済ませる。
残り時間から塩山雁坂経由はあきらめる。


Dsc_0425
※こんな一時が好きです


軍畑から北へ向かう。

青梅から名栗へ入り、名栗湖へ出る。湖の果てる所が渓流釣りの店?で林道の入り口。

時間的に秩父市まで回って11時までに帰れるか賭けっぽいが、暫し思案し、有間峠へ向かうことにする。

舗装済なので良いペースで登っていくのだが、昨夜雨が降ったらしく路面は濡れており、木の枝が所々に散乱している。

森がいよいよ深くなり空気が清清しい。高度が上がり稜線が近くなると日が差してくるとともに視界が開けてくる。(さいこー)


・いいもんだ

_dsc0431
※こんな一時も好きです

因みに、今回のツーリング(^-^;では、ガーミンのカーナビ(nuvi2580Z)をタナックスのナビポケット(MFK-111)に入れ、タンクバック上に装着してある。

装着といえば聞こえは良いが、実のところショルダベルトを双方のフロント側にあるD環に通してタンクバックに引っ掛けてある形。
前側のみなので後ろはフリー状態。

些か不安もあるが「当たらなければどうということはない」という名言?もあるし、試験ということでやってみたレベル。
タンクバックを車体から外した時、今ひとつなので要改良ではあるが・・・

走行中の画面はナビバックの庇のお陰で何とか見えるかな状態。
でも普通走行中は見ないけどね・・・なんか計器が増えて面白い。

ナビの電源は、やはり工事が間に合わず、取りあえずタンクバックの地図スペースにパナのソーラパネル(+Ni-MH2本)を入れてみたが、電流が足りないかなーと思いきや無事動作を確認。
今回のような昼間だけのプチツーリングなら問題ないかも。


_dsc0432
※ナビバックの装着具合

・有間峠

対向車もないまま峠に着く。

快晴なり。
早朝だというのに登山の先客あり。
やや遅れてランエボやらインプの集団様到着。

峠は林道の分岐点にもなっており、西に浦山ダム方面、南にどこに行くのか上っていく工事中の林道あり。

今来た東方面の眼下には遠く名栗湖の湖面が白く光っている。


_dsc0434
※峠に到ちゃこ

_dsc0441_2
※遥か眼下に名栗湖

この有間峠は以前我がランドナもどきチャリで浦山ダム側から登坂してえらい苦しい思いをしたコース。
当然バイクで来るとあっけなく感じるが、そこそこ楽しく来られる。
自転車のほうが苦しい分達成感が高い。どちらも捨てがたいものあり。

この時点で残り時間3時間を切っていたので、有間峠を後に浦山ダム~R140~R299~山伏峠経由でぎりぎりAM11時に帰還する。フー・・・

おわりー(本日の走行距離169km)

PS

 ツーリングシートの効果は絶大でした。 

« 予感?若しくは・・・ | トップページ | ブレーキメンテもどき2 »

ツーレポ」カテゴリの記事

バイク用品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有間峠へ:

« 予感?若しくは・・・ | トップページ | ブレーキメンテもどき2 »