2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

バナー

  • にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備
    にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
  • にほんブログ村シニアライダー
    にほんブログ村 バイクブログ シニアライダーへ
  • にほんブログ村バイクブログ
    にほんブログ村 バイクブログへ

« オイル交換3 | トップページ | 初高速、後メンテ »

2012年11月17日 (土)

通勤時々保守

最近、僅かながら時間の確保ができるようになった(気がするだけかも)
なので、週末少しずつセロー君の世話ができてウレシイ今日この頃。


・Rブレーキ再び

行きつけの店?第2号店であるパーツを発見!

前から存在だけは知っていたのだが、実物は判りにくいところに展示されていた、Rブレーキのデイトナのステンレス・パットピン。(これはヤマハではサポートボルトと呼んでいる)

以前、ブレーキのメンテもどき の回では、このピンが削れて腐食気味な感じがフィーリングの悪化の原因かも、などと書いたのだが、実のところはなんともいえない。

でも、ステンレスであれば、とりあえず腐食の影響も少ない…だろうし、新しいパーツはなんだか楽しい。
然しながら、コストの問題はただ事ではなく、下のパッケージが×2必要で…


Imgp1227_01
※そんなに行けない行きつけの店2号店でGet

価格は写真のとおりで、コストはこれの倍…
実はメーカーのカタログではセロー225には対応している表記なのだが、250は表記なし。
お店で聞いたらキャリパーの部番が225の後期形と同一なので行けるのでは、というので買ってしまいました。

少しワクワクしながら開封…


Imgp1226_01
※オリジナルと並べて記念撮影

で、早速組み付ける。(因みに、パッド残量2.6mmで丁度半分)

Imgp1228_01
※ささやかなドレスアップ?

新品でステンレスということでもあるので、シリコングリスをつける際にも感触が滑らかで「良い感じ」である。
こういう、小改良は実に楽しい。

・チェンのこと

錆びたチェンはホルツ・サビチェンジャで退治 したものの、見てくれはまだらで最低だが、金銀に光る新しいチェンにするには勿体無いので、がんばれまだらチェン。

Imgp1230_01
※ドライブスプロケット廻りの状況

ずいぶん前に買ってしまってあった、RKチェーンクリーナーをはじめて使う。

ところが、このチェーンクリーナー、もっとべたべたしたものかと思っていたら以外にサラサラで、成分は鉱油とある。
普通のパーツクリーナーとは違うのだろうから、汎用的に使うのはどうかと思うが意外と使えそうなヤツかもしれない。

チェーンクリーナーをチェン下側の僅かに見える部分に、ボロ布を当て少しずつ吹きつけ回しながら軽く清掃。
一発洗浄とは行かないものの少しは汚れが浮き出てくるので、しつこくボロでふき取る。

サビチェンジャ塗布箇所は錆びの部分に定着しているよう。
乾いてからチェンルブ(リフレッシュホワイト)を使用しろと書いてあるが、簡単に乾きそうもないし、全体がこの鉱油でいい感じなので、1週間くらい様子見てからにしようかなと思っている。

 ・足で操作するところ

これも今までおろそかにしていたところパート2なのだが、ステップラバーを付けて から誤魔化しごまかしの部分を、やっと調整してみることに…

Imgp1232_01
※チェンジペダルの調整箇所

これは比較的簡単。
二箇所ナットを緩める際に、後方側が逆ねじなので注意すればよい。


Imgp1233_01_2
※ブレーキペダルの調整箇所

こちらは、薄い片口レンチが必要。
大きいほうがロックナットで、その上の見づらいほうが調整箇所。

で、調整の結果、いい感じになりました。ステップラバーが付いて足首を余計に動かして?凌いでいたのがなくなり、ごく普通に操作できる。

何で早くやらなかったのかなー (^-^;

« オイル交換3 | トップページ | 初高速、後メンテ »

セロー250_足回り・制動系…」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通勤時々保守:

« オイル交換3 | トップページ | 初高速、後メンテ »