2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

バナー

  • にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備
    にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
  • にほんブログ村シニアライダー
    にほんブログ村 バイクブログ シニアライダーへ
  • にほんブログ村バイクブログ
    にほんブログ村 バイクブログへ

« 初高速、後メンテ | トップページ | ツーリング準備2 »

2012年12月 7日 (金)

ツーリング準備1

高速利用のツーリングに行けるかどうかは最後までわからないが、準備として気になる点潰しを実行(第1弾)

・バルブ交換

セロー250のヘッドライトは60/55Wなので明りの強さはごく一般的なのだが、ライトケース自体が小さいので遠目には原付クラスにしか見えない、様な気がする。前車比だがやたらに対向車が寄ってくる気がしてならない。

Imgp1238_01

*オリジナル色3200K?

HIDにしたいところだが、これはお高いし、何だか付属パーツの取り付けや、故障の話もちらほら。と云う訳でお手軽にバルブ交換に決定。

で、PIAAのクリアホワイトXを購入。
これはノーマルクラスの色が3200K(ケルビン)なのに対しやや白色の3700Kとなっている。


Imgp1239
*これです

買いに行った際に気が付いた点だが、高効率ではない通常の明るさのものはPIAAにはなくて100W以上クラス?ばかり。
色味がHIDぽいのがいいかなー、なんて軽く考えていたら、「晴れ雨問わず」の文字が目に飛び込む。
あ?
HID調の白い光は雨天では見易くないらしい!
知らんかった…

確かに雨天向きのフォッグランプは恐ろしく黄色い。(3000K以下)
さらに調べていくと、高効率型は比較的寿命が短いらしい。

いいことには訳があるということでしたか…
ツーリングには予備(オリジナルのH4バルブ)を持って行った方がいいかも。

Imgp1241

*ヘッドライトケースの外し具合

バルブ交換の際は、ミニスクリーンも取り外さないといけない。

この時、フォーク上部を固定しているアッパブラケット(トップブリッジ)のボルト4本を外すことになり、意外に面倒。
なお、工具は最低でもメガネレンチ等しっかりした物が必要だし、ボルト締める時はステアリング廻りなので車体を真直ぐ立てて行ったほうが良いかもしれない。


Imgp1242_01
*左が新バルブ、右がオリジナルバルブ

交換後、相変わらず対向車は寄ってくる(気がする)が、まっいいか。

Imgp1250
*白っぽい光?3700K


倍の明るさは大げさとしてもやや白めの明りは悪くはない。

次回、第2弾に続く

« 初高速、後メンテ | トップページ | ツーリング準備2 »

セロー250_電装系…」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツーリング準備1:

« 初高速、後メンテ | トップページ | ツーリング準備2 »