2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

バナー

  • にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備
    にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
  • にほんブログ村シニアライダー
    にほんブログ村 バイクブログ シニアライダーへ
  • にほんブログ村バイクブログ
    にほんブログ村 バイクブログへ

« 雨中のグリスって | トップページ | 雨中の2 »

2013年4月14日 (日)

チュ、チュ…

暑くなって蚊がワンサカなる前に少しずつ懸案を片付けたいので、先週に引き続き、今週のプチ時間はFブレーキのメンテを実施。

・消せないアバタ…

先週とは大きく違い良い天気。
見た感じでは、前側のブレーキパッドを交換してもいいかな状況だった気がする程度なのだが、勿体無いかもしれないがやる気満々なので…

Imgp1340_01
*術前(錆出てるし、きたねー)

前回、清掃給旨してからたったの5ヶ月、約1700Km走行ですごい汚れてる。
車みたいにピストン全部ブーツで覆われてたらいいのにね…何か理由があるんだろうか。

Imgp1341_01
*純正パッド(お疲れさま)

純正は残2.1~2.0mm。
約13,000Kmなのでギリギリ20,000Km位までは行けそうな気もするが、RK製のリプレースパッドUA7に交換することに…(使用限度は0.8mm)

別に純正に不満があるわけではないのだが、違うものを試してみたいだけが購入動機。

Imgp1342_01
*清掃後

で、とりあえずマジックリンとブラシで清掃するも、相変わらずこびり付く黒い残存物。


Imgp1262_012
*出番ですよ~

この日のために買っておいてあった(既に何時買ったかは忘却)、ラバースプレー(メタルラバー)とキャリパピストン脱着ツールの出番。

研磨剤は使いたくないが、少しだけならいいかなと、たまたま工具箱にあったネジロックの逆でネジ外し用の金属性のコンパウンドを少したらして布で磨く。
結果、随分取れたようだが、しつこい所はだめの様であばた状の錆まで発生している。

因みにピストン脱着ツールでニギニギ少しずつピストンを廻して、今まで見られなかったその裏側まで確認清掃。

裏側は意外とキレイだったが、ピストン脱着ツールとしてはシールへのダメージがあるので駄目な使い方とのこと。(自己責任です)


Imgp1345_01_2
*ピカピカなんだけど…アバター

正直、ピストンを交換してついでにシールまでやりたい位だが、今日はその気も準備も無い。
このままアバタの部分とシールが接触すれば、シールを痛める可能性があるのだが、どうしたもんだか悩みどころ。

ま、今日のところはこれで許すか・・・と恩着せがましくこのまま続行、ということは不具合があれば、その時対処するしかない訳である。

Imgp1346_01
*琥珀色です

リザーバーを始めて開けてみると、フルードは見事に琥珀色でした。

Imgp1348_01
*新旧の雰囲気比較

RKのUA7新品は残5.3mm。
純正使用後品と比べるとやたら分厚く見えるが、これが規定値。

Imgp1349_01
*おそるおそるピストンを戻してみる

メタルラバーは初めて使うのだが、これをピストンに吹いてみると、なんだか粘っこい液体でした。

メガネレンチの柄で平行にゆっくりピストンを押し戻す。
変な抵抗感は無いのでシールは元気だと思うが、それも今日までかも知れない。

ピストン脱着ツールでピストン都合1回転するは、アバタとの接触の恐れは在るわで、シール君がひねくれなければ良いのだが…

・久しぶりのエア抜き

手が覚えている、とはこのことなんだろうか?

右手でレバーをキュッキュキュッ。左手でブリードスクリューに咬ましたレンチをニュッ、ギュッ・・・懐かしいなー

リザーバーの古いフルードが入れ替わるまで、というか3回分くらいはフルードを継ぎ足し継ぎ足しで、エアーも噛んで無いようでレバーのタッチもカチッと良い感じ。

ここでやめれば良かったのだが、色気を出して?も1回、でー
「チュッ、チュ・・・」
ガーン、エア吸ったじぇ…

液面下げすぎは事故の元。
この音もなんだか懐かしい音で、久しぶりに聞いた。

また、最初からなのだが、今度は本当にエアが噛んでしまったので、やはり3回分以上は継ぎ足したものの、エアが全部抜けたか怪しいもんです。

最後にブリードスクリューの穴ガビガビ防止のために、ティッシュをコヨリにして穴に残ったフルードを吸い取り終了。(このあたり写真を撮る余裕が無いので画像なし)

Imgp1350_01
*ダイヤフラムは多分問題なし

リザーバーのダイアフラムは交換用に買ってあったが、パーツクリーナできれいになったようなので再使用することに。

パッドのバックプレート当たり面にシリコングリスを塗って全体を組み戻す。

Imgp1354_01_2
*みにくいがパットとディスクの関係はこんな感じ

遠目には良い感じで完了。
リザーバーの窓は薄黄色。

Imgp1355_01
*きれいに?…完了

レバータッチは今のところ問題ないが、何かあれば再度エア抜きをやるようでしょうし、ピストンの戻りが悪ければ(引きずりによる鳴き)キャリパの分解コース、となる訳ですが…
面白いから、まっ、いいかー

・追記

タッチは硬いしブレーキレバーが遠くなった。
なんでかな?

エア噛んでたのかフルードがくたびれていたのか不明だが、全体に良い感じでもある。
パッドの交換もいいけれどフルード交換も大事ということかな。

« 雨中のグリスって | トップページ | 雨中の2 »

セロー250_足回り・制動系…」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チュ、チュ…:

« 雨中のグリスって | トップページ | 雨中の2 »