2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

バナー

  • にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備
    にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
  • にほんブログ村シニアライダー
    にほんブログ村 バイクブログ シニアライダーへ
  • にほんブログ村バイクブログ
    にほんブログ村 バイクブログへ

« やっぱり新品、でした | トップページ | なんとはなく?クリスタル2 »

2013年4月28日 (日)

なんとはなく?クリスタル

後ろ髪引かれる思いや、予想外の寒さで途中引き換えしたくなった、目的地不明のツーリングに行ってきました…

・通信途絶

朝6時半出立。前々回のツーリングの際に朝立ち寄った奥多摩手前の某コンビニで補給。

Imgp1384_02
*半年振りの奥多摩だー

ここで、知り合いが今どこにいるのかラチチュードで調べようとするものの、ウォークマンZ(ほぼスマなのだが、モバイルルータでネットに繋がる)が、何故か不調のため通信途絶。
(後で知り合いさんの居場所を調べたら花巻だって、いいなー)

30分くらい色々やったがだめ。何しに来たか判らなくなるので諦める。

こういうのっけからケチが付くパターンは、先行き気を付けなければならない。
経験によるアラートフラグ。何かあるかもね、ってことかもしれない。

さて今回、新機軸で?インターバルタイマーのカメラを導入!
って、いつもブログ記録用に使っているペンタックスOptioW60(4年前購入)に、素晴らしい機能付いていたからなのだが、数ヶ月前に実用になることに気がつく。

車載で動画は良く見ますが、どういうタイミングで撮るかとか、後で編集したり見たりで少し気が重い。

静止画であればそうでもなかろうかな、と思いインターバルで撮ることでテキトーになんとなーく、記録できるであろかなという考えに至り、なんだかありがたーいサインハウス製のカメラマウントを購入。
(型落ちのデジカメが買えそうなほどの…)

Imgp1339_01
*サインハウス製のいろいろ使えるマウント

取り付けると、そこそこ様にはなっているのか怪しい感じ。

_dsc1471_01
*防水カメラなのでたぶんOK

走りたいのか、いじりたいのか。どっちでもあるのだが…

Dsc_1456_01
*ナビやらなにやら、やかましくなってきた

手振れ補正機能がないのは問題だが、そこは遊び。

インターバルは3分に設定。
電池が持てばだが、最大150枚程度までの設定が可能。
3×150で450分なので、都合7時間半分は撮れる計算。

電池の持ちを考えて、フォーカスをパンフォーカスに設定したが、関係なかったかもしれない。
(調べて見るとペンタックスのインターバルタイマーは、待機中はスリープ状態になるそうなんですが、他の会社のはどうなんでしょうか?)

ともかく、何が写っているかは偶然のなせる業。
結果が楽しみである。


Imgp13951

*車載1 この程度でした…ブレがひどいのー

今回はリアーバックも新調。フィールドシートバッグは日帰りには容量が大きすぎるので、小さいものを探してコレ。


Imgp1334_01
*タナックス、ボーイズパッカー15ℓ

合羽とお土産が入ればOK。
一応内面がPVC防水で、値段も含め使い潰せそう。
付属のD環と今様ゴムひもでキャリアーへ固定。


Imgp1382_01_4
*まっ、いいか (^^ゞ

・新緑のタイムトンネル

R411をひたすら西へ。
ここも以前よりバイパストンネルが増えてきた。
特に奥多摩駅の交差点を迂回するルートが渋滞に効きそう。

青梅あたりから既にそうなのだが、全山フレッシュグリーン、いやシャイニング…良い表現がないので、ここは新緑というしかない。
しかも山が多摩川を囲むように渓谷を立体的に染め上げている。

思わず、「キャー」と叫び声をあげたくなるほど美しい命の輝きに見える。
(「キャー」はマカロニ~のきんどーさん調で)


_dsc1463_01_2
*奥多摩町、鴨沢あたり

_dsc1467_01
*このぽわぽわした緑が眼にいい刺激


道は丹波山村に入り、ますます緑は濃く…ではなく、高度が上がる毎に、季節を遡るように緑が薄くなるし、桜まで咲いてくる有様。
まさに緑のタイムトンネル。

一人で旅に出たかったのに、こんな景色にお目にかかると、逆に家族に申し訳ない気がして、ややつらくなるのも事実である。

いろんな意味でリセットすることは自分のためだけではなく、家族や仕事への思いもあるからなのだが…


Imgp14061
*車載2 上のほうは茶色

新緑が立ち上がる渓谷が低く見えてくるころ、緑のお祭りの終着点である柳沢峠に到着する。

・甲州の隘路

柳沢峠にバイクで来るのは、やはり10数年ぶりか。

峠の茶屋は変わらないようにも見える。

ここでの富士は有名だが、今まで、それほどでもなかった気がしたが、今日はなんだか見事に見える?
それにしても寒い。


_dsc1469_01
*清清しい眺め

塩山までの道は激変。
確か麓側から幾つかのカーブなどの付け替えが行われていたが、今や殆ど出来上がっているようだ。

ステップをガリガリさせた(昔のバイクで…)中低速で回り込むヘアピンカーブは、高速向きに大変身。空飛ぶみたいな橋もあり少し怖いのは歳のせいかな。

塩山に降りるも、さーてどこ行くかな、状況。

昨日までは、信州峠から北へループして帰ってこよう、みたいななんとなく計画だった。
この当たりでは、まだ気持ちが後ろ髪引かれている為か、R140雁坂峠経由で帰ろうかしらん…などと思っていた。

で、R140を北上。
そこへ、大弛峠、クリスタルラインの看板が眼に入る。


Imgp14271
*車載3 たまたま撮ってくれていた?看板

大弛峠といえばチャリダーの聖地?
一度は越えたいが自分の脚力じゃむりかな峠であったりする。

過去にGLで長野県側(オフです)から越えたこともあり、バイクではどうということもない峠。
でも標高は2400m近くある高所で、真夏でも涼しい。

故に、GWのあたりでは通行止めだったりするわけで…


Imgp14351
*車載4 この勾配!

入り口の標識は信用せずに、県道206号から焼山林道へ。

標高1530mある焼山峠まで行って初めて通行止めの標識を信用する。(行って見ないと判らない時もある)


_dsc1477_01_2
*焼山峠、峠なのに峠の入り口

地図を見ればクリスタルラインを経て「信州峠」とある。
ここで、引き返すのも悔しいし、その名前を見たからには行くしかない。

舗装路ではあるが、全く細く頼りない数々の峠への横っ飛び、のような道がクリスタルライン。

焼山峠→乙女高原→荒川源流域(昇仙峡の上流)→木賊峠へと続く。
標高はそれぞれ…
1520m→1680m→1100m→1670m

そして、北に金峰山から国師ヶ岳(たぶん)までの威容。


_dsc1479_02_2
*遠くに見えるものの、稜線は壁のよう

身に着けている装備は、ライナー外してあったりで春装備。
風がビョウビョウ吹きつけ寒いのなんの。


_dsc1478_02
*こんな岩山があちらこちらに見える

カーナビ見ても付近は知らない山ばかりで、どこ走っているのかさっぱり状況。
頼りは峠にある案内看板と、ツーリングマップル。
舗装は問題ないが、他に造営物は皆無で、実に山深いルートである。


_dsc1481_02
*車載カメラがこっちを…

Imgp14451
*車載5 気が付かんかった


山また山、てな訳で、ルートを図示しないと判りにくい。
なので、ここはグーグルさん頼り。

以前、国土地理院の電子国土を使ったのだが、これは地形図の標高が等高線で読みやすかったから。
グーグルでは、そこいらが判りにくいが、ルート検索表示なら使いやすい。

グーグルマップ上でKMLファィルをエクスポートして、電子国土Web.Nextに読み込ませると、その時はルートだけをオーバレイできたのだが。

これのURLをリンク貼り付けしてもコースは表示されなかった。
動的地図じゃないとなー。
なにかやり方が他にあるかもしれないので、機会があれば研究してみよう…

「このあたりの行程の詳細地図」
Crystalline
Google Mapで見る

Imgp14541
*車載6 

いよい北杜市(旧須玉町)へ…増富方面通行止めの不穏な表示が


つ、疲れたのでこの辺で…
続きは後ほど…(家の掃除が待っているし)

« やっぱり新品、でした | トップページ | なんとはなく?クリスタル2 »

ツーレポ」カテゴリの記事

バイク用品」カテゴリの記事

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんとはなく?クリスタル:

« やっぱり新品、でした | トップページ | なんとはなく?クリスタル2 »