2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

バナー

  • にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備
    にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
  • にほんブログ村シニアライダー
    にほんブログ村 バイクブログ シニアライダーへ
  • にほんブログ村バイクブログ
    にほんブログ村 バイクブログへ

« オイル交換4 | トップページ | 電源の取り出し2 »

2013年6月 9日 (日)

電源の取り出し

夏のツーリング計画は予定が入って一旦流れ(;ω;)
でも、手隙の時間を無理やりセロー君に当てる今日この頃。


・懸案の電源

ツーリングの際に、5Vの取出しが出来ず、モバイルブースターとかエネループとかに頼っていた。

そもそも回数的には僅かなので困るほどではなく、ややもすればこのままでいいかな、と思う反面、USB電源が無いのが不自然な御時勢。

そんな訳で、ワイズギアの「電源サブハーネス」を取り付けることにする。

Imgp16731

*こんなんです (因みに、右のトグロがバッテッリ取り出し部と10Aヒューズ、左のトグロにある3つのカプラはそれぞれ出力部、下中のスイッチバックしてるのはフラッシャーリレーにかませるカプラ、一番左の大きめカプラは電源リレーユニット(左トグロ中にある黒いの)をはめる)

一説には、ホーンから取ればいいとか、ON/OFFスイッチ入れるべきであるとか、人により色々なやり方があり迷うこと甚だしい。

たぶん一番面倒だが拡張性からすると確実な方法が「電源サブハーネス」か?

何でこれを選んだかといえば、去年の暮れに迷ってポチッしたからです。

で、取り付け。
右側面のカバー類全て取り外し。

Imgp16801

*左からヒューズ(後ろにECUとフラッシャーリレー)、バッテリーの前にもヒューズ、その右にも各種リレー軍団!電装バイクじゃ…

スキマが少ない!

なので、今回装着のリレー、ヒューズ、長いケーブルを、とても収められる状況には見えない。

どうやるんだ、これ。
考えるのも面倒が正直なところ。

やるときゃやるっきゃないしょー♪
とどこかで聞いたフレーズがリフレイン~

幸いにも、昔仕入れた電気系のアイテムが大いに役立った。

取り説をまじまじ見てから、トリガーはフラッシャーリレー(ウインカーね)であるが判明。
で、フラッシャーリレーを探すも不明で、ここでサービスマニュアルの出番。

物はECUの近くと判り、そのあたりを外して…


Imgp16811
*ECUとフラッシャーリレーを引きずり出す

フラッシャーリレーを取り外し、サブハーネス側のコネクターを割り込ませる。

Imgp16821_2

*フラッシャーリレーに割ってはいるコネクタ

これでウインカー側の通電を感知するリレー(サブハーネス側)に信号を送れる。

Imgp16831

*垂れ下がるバッテリー接続ケーブルとヒューズ…長すぎるぞー

バッテリー近所なのに、バッテリーまでのケーブルが異様に長い。

ヤマハ汎用だからしょうがないが、収める場所も無いので、とりあえず切ることにする。

Imgp16851

*切って短くしたら、ギボシで再接続

切れば繋げるしかないのだが、普通のビニルテープでは寂しいので、10年は仕舞ってあったギボシのセットを思い出し、家捜し敢行。

発見したギボシ端子セットの保護チューブは古いからかややべたつく。(^-^;


買いに行く余裕はないので、このまま使用。
古い電工ペンチも役立つ。

ここで、黒ビニルテープ君(商品名:結束テープ)の出番。(最近Get品)

Imgp16861_2

*このテープはいいものだー

実に良く出来たテープで、糊の具合が感動もの。
こんなテープがほしかったのだ。


ギボシをこの黒テープでグルグル巻き養生で完了。

あとは適当に収めるだけ。


出力側のカプラは、長さが短・中・長の3種類。

長いのはヘッドライトケースまで行ける。
中くらいは工具ケースまで。
短いのはバッテリあたりまで。


Imgp16881
*出力側のカプラ2つはとりあえず工具と共に束ねる

ステアリングステムのメンテの際に判ったことだが、グリップヒータ(ウチのは2ではなく1)の電源取出しは、なんとヘッドライトバルブあたりに半田付けでビックリ。
セロー君は中古購入なので経緯は判らない。
取り付けマニュアルをググルと、そのとーりで2回驚いた。

今の製品である…2はカプラ式になっているので、そんな変なとこ?はないだろうけど、ひょっとすると半田のほうが確実なのかな?(養生テープ剥がれかけてたけど)

で、USB電源の取り出しの他に、既存グリップヒーターも今回の電源サブハーネスで取り込みたい。

更に欲張るのならETCの接続、って高速いっぱい乗るんかの?


Imgp16911
*リレーの納まり具合?

電源リレーは収まるところが無く、結束テープで仮固定。

Imgp16901

*ヒューズボックスの納まり具合?

ヒューズボックスは収まるところが無く、結束テープで仮固定2。

仮固定ばかりだが、後日対策する予定。

肝心のUSBやグリップヒータの接続は時間切れ。

ウインカーは問題なしだが、今日のところは電源として通電の確認は出来なかったので、続きは来週の土日隙を見つけてやるしかない、とほほ。


・バッテリのこと

先日来、気になっているのがバッテリ。

夜、なんとなーくヘッドライトの明かりが明滅している様にも見えなくない。
気のせいレベルだろうと思っていたが、念のためdIAGモード09で見ると11.9Vではないですか。

オープン電圧ではないので、どうかとも思うが低いと言っていいのではないか。

今回、電源サブハーネスを装着するためバッテリを取り外したついでに充電してみた。

テスターでオープン電圧を計ればいいのだが、手持ちのテスターは何処にありや~行方不明。

しょうがないので、装着してからまたdIAGモード09で見ると、しっかり12.4Vになっている。

4年目に突入のGSユアサ君。
くたびれてきて、収支が追いつかない傾向なのかな。

年内には換装を実施したほうが良いと判断。


Imgp16871
*バッテリはもうすぐ4年(のはず)

となると、LiFe(リチウム鉄)のショウライかな…爆発しないし(゚ー゚;

それに体積が小さいので、今回のもろもろが収まるかもしれない。
評判は冬が少々癖ありだが、セローであれば問題ないかも。

で、検討々…楽しいな♪

« オイル交換4 | トップページ | 電源の取り出し2 »

セロー250_電装系…」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電源の取り出し:

« オイル交換4 | トップページ | 電源の取り出し2 »