2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

バナー

  • にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備
    にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
  • にほんブログ村シニアライダー
    にほんブログ村 バイクブログ シニアライダーへ
  • にほんブログ村バイクブログ
    にほんブログ村 バイクブログへ

« 祭りの終わり | トップページ | 26年ぶりだよ »

2014年4月29日 (火)

2年ぶりだよ

今回もバイクネタではありませんがご容赦を…

チャリによる遠出4人組が集まれるのは、単純に都合がつくかどうかなのだが、何と2年ぶり。
ちなみに去年はやや違うメンバーで羽田の往復約80Kmで、今年はというと…


・栗橋からの遡上

50Kmを越える距離を自転車で行くのは、年齢的に辛い様でもあり、ちょこっと挑戦的で楽しいような複雑な気分。
2年前は新木場まで輪行し江戸川を北上、関宿経由で利根川を西に栗橋までの河川沿いで単調な自転車道を約70Kmを行く結構楽しいルートでした。

今回のチャリツーはその続き企画。
栗橋駅から利根川を経由して渡良瀬遊水地へ。
そこから、思川(おもいかわ)自転車道を通りR50バイパスを経て、鬼怒川自転車道で宇都宮に至る80Kmの計画。


_
*青の点線で南から北へ

当日は、朝7時過ぎに各自輪行で大宮駅に集合。
ここから宇都宮線でJR栗橋駅まで30分。

ちなみに、4人組とは…
フレーム塗替えホローテックⅡ換装の毎週100Km走る絶好調Y氏。
フツーのMTBで150Km走れちゃう鉄人T氏。
フェルトのカーボンチャリ(8Kg以下!)のバリバリS氏。
と、妙なランドナーもどき(ケルビム)で万事テキトーな私。

たぶん平均年齢50オーバー(^_^)/
この4人で7年前大磯~自宅まで100Km走ったのが始まりだった。

天気も上々。
2年前に自転車をパッキングした同じ駅前広場で今度は組立て、いざ出発。


Imgp38711
*行く手に利根川の土手

R4のその名も利根川橋を渡り、左岸へ。

Imgp38722
*国道4号線で茨城県

因みに左岸とは流水方向を見て左側のこと。

そこから、利根川土手上の自転車道を上流へ向かえば、直ぐに渡良瀬川の分岐点ですが、土手上の道に分岐は無く、利根川左岸がそのまま渡良瀬川左岸になるだけ。

R354を横断すれば、渡良瀬遊水地の区域に入ります。
おー田中正造の記念碑だ…あー過ぎちゃった…

暫く行きゴルフ場の只中を過ぎれば自転車道は土手から下り、河川敷内へ。


Imgp0202edit1
*渡良瀬川(遊水地内)の仮橋?作業船でも通るのかな?

道は渡良瀬川を渡る仮橋を通りますが、ここで一寸休憩パンケーキ2個。
この仮橋は車止め柵が厳重なので、自転車を担いで越しました(^^ゞ

ここを過ぎ再び土手に上がれば、そこは渡良瀬川の右岸になり、これを上流へ。


Imgp02041
*午前中の土手上は気持ちいい~

このあたりは右も左も渡良瀬遊水地。
見渡す限り広大な遊水地の真っ只中。
渡良瀬川が遊水地の真ん中を突き抜けているイメージです。


Imgp02052
*あれも遊水地(渡良瀬川と利根川の間)

遠くに何やら見えますが、先を急ぐのでパス。


Imgp38921
*また渡良瀬川を渡る

2.5Km程行って渡良瀬川を左岸へ渡り、今度は下流へ向かいます。


Imgp84561
*橋下はこんな眺め

とにかく広いのと舗装道を走りつなぐ関係で、何だか行ったり来たりなルート…


Imgp02143
*右が渡良瀬川、左が遊水地(渡良瀬川と思川の間)

いつの間にか右側の渡良瀬川が思川になり、左は渡良瀬遊水地で変わらず。


Imgp38932
*行く手の灰色の斜面は越流提

と、行く手にやや低く越流提。
恐らく高水位の際に水の出入りがあるのでしょう。

因みに、越流提は進入禁止なので下の砂利道で迂回します。


Imgp02312
*のどかな思川自転車道、左は堤内(河川外)の田圃

渡良瀬遊水地の果ては三角地で終わり、あとは堤も低くその上を淡々と北上。


Imgp02341
*みどりは、麦?

菜の花と田に水を入れ始めた光景が目に付く。
ステキな季節です。


Imgp02362
*もーずっとこんな感じでした

R50が近づけば思川自転車道とお別れ。
このあたりから気温上昇、夏の雰囲気。

出来立ての橋を渡り思川左岸へ。
小山総合公園隣の川の一里塚で休憩、オニギリ2個。


Imgp02441
*思川をわたる真新しい橋

左岸に渡ったものの、思川自転車道は小山総合公園の端と共に突然にプッツリ途切れる。
土手の下で土地のオジサンが下りて回れと叫ぶので低水敷まで下り、そのままR50BPの橋下を潜りゴニョゴニョ行ってR50に出る。


・鬼怒川

R50バイパスは行けども行けども外食産業やら何やらが淡々と続き、折角だから早目の昼飯、得意の丸亀製麺(^_^;)
この道は車道路肩もそこそこあるので走り易い方ですが、大型車側方通過にちょっと緊張。


Imgp02471
*R50バイパスは比較的走りやすい

結城市で一瞬茨城県に突入。
R50BP鬼怒川手前で左折北上。


Imgp02512
*水戸線の東結城駅、何かいいっすねー

某県道?を快調に北上し、田川という小流を渡る。
鬼怒川には中島橋でタッチ。
ここは再び栃木県小山市です。

Imgp02531
*やっと鬼怒川自転車道に

さあ、後半戦ですが、気温も上がり疲れ気味。
残す行程も半分の40Km程度ですが、既に自宅からの積算では50Km超え。
五十路チャリダーはここからがキツイ。
この先は、体の鍛錬?とチャリの調整が物をいいます、たぶん。

その鬼怒川ですが、鬼が怒ると書くのだが見た感じそーでもなく、堤は低いしのどかな感じがする。


Imgp02592
*鬼怒川右岸を登っていく

鬼怒川の東には小貝川が並行するように流れている関係か、右岸側に合流する河川が多く霞堤的な堤防の切れ目が目立つ。


Kasumitei
*こんな具合(by Google 小山市延島新田あたり)

上の写真の箇所では土手を走っていたら突然終わり。
担いで下まで降りる破目になりました(^^ゞ

こんなんだから、右左岸の間の河川域も広く、気をつけていないと、どちら側が河川か判らなくなってくる。
都市部では見られない、本当の河川です。
怒ると怖いんだろーな…きっと。


Imgp02643
*田川放水路の記念碑

あちこちに川の一里塚があり、その東屋は休憩に便利、S氏は気持ち良さげに地面でお休み。
但し、4人で休んでいると他の人が入りにくいので…ほどほどに (^^ゞ


Imgp39131
*方位板に見入る?(鬼怒川左岸の鬼怒さくら公園の川の一里塚にて)

このあたりまでは、10Km位で休憩を入れるノンビリしたペース…だった。


Imgp02701
*同じく(奥に見えるのは砂ヶ原橋)

先ほどの霞提の関係で右岸から左岸に渡る区間もあるが、リサーチ、若しくはスマホのマップで確認できればOK。


Cimg06001
*河川敷に向かう道とクロスはこんな按配

上の写真では、こういうところで注意かなと思っていたら、いきなり真正面から軽トラが来たもんだから驚く。
土地の人の事だから、まーそんなものですかね…(+_+)

走っている人が少なく、景色も単調で補給所も無い…
ある意味退屈な自転車道ですが、東京近郊の自転車道と比べれば、とにかく走り易すいことこの上ない。(この日は土曜日)

Imgp02722

*何だか珍しい形式の合成桁橋の下を行く(たぶん北関東自動車道)


このあたりから、左足の付け根骨盤あたりが痺れてくる。
チョッと今までになかったパターン。
おまけに左クランクがコクコク微動するので、回しにくい…
オクタリンクが緩んでいるのは以前あったことなので、また発生したのかも。


Imgp02753
*行けども行けどもこんな感じ…(前方にR121アンダーが見えます)

先頭を行くY氏。
そんな状況に関わり無く、ペースを緩めません…というか、速まっている。
それでも何とか痛みに耐え回すしかない (T_T)


Imgp02831
*右先の橋の向こうが霞提の先端です

ふと見れば、右岸の合流河川に、またしても霞提的な土手の終わりが見え、これが何だか面白い。


Imgp02882
*合流する河川の上流を望む(上の写真の続き)

ザ・春の小川、ですなー。


Imgp0300edit1
*石井桜づつみで休憩(写真左奥に見えるのは水を張ったばかりの田んぼ)

宇都宮市街地近くで、もう完全に左足付け根が痺れ、痛くてしょうがない状況。


Imgp03021
*鬼怒川旅の終わりにて下流を望む

なので、R123新鬼怒橋で宇都宮駅方面にショートカットです。
で、ご褒美はこれ…


Imgp03091
*東口の餃子屋さんで

有名店「みんみん」は列を成していたので、ハングリー&グロッキーな我々は空いている店に突撃(>_<)

いっぱい食べたつもりが、一人当たりにすれば15個…
激辛餃子は闇鍋的で面白かったのですが、当たらなかったのはT氏のみ。
またの再会を約して、今回はお開き。

暮れなずむ頃店を出て、宇都宮線各停で大宮へ。
埼京線、武蔵野線と乗り継ぎ、帰宅は10時近く。


Y氏によれば、栗橋~宇都宮まで正味80Kmで4時間、平均時速20Km/hという割とハイペース。
メーター的には22~24Kmなんですが、アベレージだからそんなもんでしょう。
但し、個人的には前後のアプローチを入れると丁度100Kmを走破したことになります。
はぁー疲れたが、細胞が生き返るようで心地いい~

« 祭りの終わり | トップページ | 26年ぶりだよ »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2年ぶりだよ:

« 祭りの終わり | トップページ | 26年ぶりだよ »