2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

バナー

  • にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備
    にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
  • にほんブログ村シニアライダー
    にほんブログ村 バイクブログ シニアライダーへ
  • にほんブログ村バイクブログ
    にほんブログ村 バイクブログへ

« きれてる | トップページ | いよいよ、かな? »

2014年10月21日 (火)

清掃ついでに

このところ、行事が多くてバイク活動?が出来ません。
やっと隙間を作って、リアーキャリパー周りの清掃でも、と思いきや…

・気になる所

後ろのキャリパー、特にピストンあたりの磨耗粉が気になる。
で、清掃なんですが、ただホイールを外して洗って戻すだけでは勿体無い。


Imgp08961
*パッド残3㎜位かな

ついでに、リアーショックユニットのプリロードもいじっちゃおう、というのが今日の作戦(^_^;


前回、プリロードを1/4回転弱めて 大成功、なんて思っていた。

それもだんだん慣れてきて、ペイントでゴツ、マンホールや小段差でゴン、が再び気になってきた今日この頃。

中古で買ったので、当初からプリロードは触っていないのかどうかは不明だが、も少し弱くすれば素敵な乗り心地?になるのでは…という予想を確認してみたい。


因みに、前回の時同様にリアーショックのアッパー側ボルトが相当外しにくい。
どうもバッテリ側のハウジングにボルトのフランジ部が干渉しているようで、ここで相当時間を浪費。

車載のままプリロード調整できればこんな苦労もないもんだが、何とかならんですかね、ヤマハさん~


Imgp09021
*目印はスプリングの黒マーク

という訳で、やっとこ外れたショックに再び1/4回転追加で、前回との合計緩め1/2回転となるのだが、吉と出るか?


今回、どうしたことだか分解前にサグ出ししようなどと突然思いつき、初めて測ってみた。

手製スタンドで車体を浮かせ、伸びきり状態でリアーアクスルから目印代わりのヘルメットホルダーまで測り(510mm位)、同様に1人乗車との差分=リバウンドストロークは90mm。

だから??

「ホイールトラベルを調べなさい…」と天啓があったので、サービスマニュアルを見ればリアーは180mmとある。

コレの1/3がサグとしては適当な値らしい。
なので 180÷3=60mm

がぁーん…33㎜も、おおすぎだぁ→柔らか過ぎということ?

93÷180≒50%ストロークを1Gで使ってる事になる訳で、ロッドの摺動跡を見れば約50%で概ね一致。(コレは1Gか不明)


Imgp09011
*ロッドはバンプラバーを除けば約50㎜、跡を見ると25㎜のストロークなのか

でも実際は硬い…ウーム、よく判らん。

自分の理解不足?
測り間違えかもしれないので、そのうち再挑戦か~


Imgp09031
*勘で+1/4回転

で、調整ですが、ショックをひっくり返して見ているうちに、スプリングの黒マークではなく本体側のマーク?が判らなくなり、怪しい1/4回転プラスになってしまったが、まぁいいか(*_*)


後で判明した事だが、サービスマニュアルによればスプリングのセット長は187~207mmで、標準が197mmとある。
ヤマハの言う標準197mmが何なのか…本当のところ1人乗車なのか2人なのか?

作業中に判っていればもう少しやりようもあったのだが…相変わらず準備が悪い。
これも次回確認事項。

Imgp09041
*清掃後のキャリパー周り

とりあえず、すべてを戻して、ブレーキ清掃+αが完了です。


・拾い物

戻す最中に嫌なもの2点発見。

ひとつ目はリアータイヤウォールのクラック。
相当のやつが2本( ゚Д゚)

大丈夫か、コレ?


Imgp09061
*怖ーいクラック

距離は既に1万3千超えだが、なんとぉー5部山以上の残。
なので、交換しても良いものだか、どーしたもんだか?


Imgp09081
*トレッドはまだいけそうですが

ま、安全を考えれば答えは簡単。

「タイヤ屋に行こう」…


Imgp09101
*錆びてまんがな

ふたつ目はチェーンの錆。
ゴールドメッキタイプなので大丈夫かと思いきや、錆びる部分は有る、ということでした。

やっぱりマメな給脂は必須ですなー。
チェンを交換してから2回目になりますがブシューっとホワイトルブをくれてやります。


で、最後におまじない。

Imgp09111
*シリコーンルブリカント、通称SL

サスペンションの摺動部、インナーチューブやロッドにSLを塗布、軽く拭って本日終了。

・インプレ

跨った状態で「クッ」と沈み込み「グッ」と適度な反発。
こりゃ懐かしの猫足セッティングだね~、が第一印象。

交差点での立ち上がりも、やや沈み込んで良い感じのトラクションでクルーンと回ってくれる感じ…
段差の往なしも前回以上に良く、わざとマンホール上を選んで走ったりして楽しい。

こうなるとフロントが硬く感じてしまう。
フォークオイルは10Wと15Wのブレンドで12.5W なのだが、10Wでもよさそうな感じがする。

体重は69Kgなので標準値だと思うが、前回も今回もたったの1/4回転弱くしただけで、印象が変わっていることに驚く。
スゥイートゾーンが相当狭いんじゃなかろうか。

サグの価は何故か変化なしであることも気になるが、この乗車感の激変…なんか変だぞ。

ひょっとしたら壊れていたりして…いやいやいや

ダンパー強すぎという話もあるみたいだし…(タンデムさんブログ

オフは行かないけど傾向としては硬めで同じだと思う。
試しに?オーバーホールしてみるかなー…

« きれてる | トップページ | いよいよ、かな? »

セロー250_足回り・制動系…」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 清掃ついでに:

« きれてる | トップページ | いよいよ、かな? »