2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

バナー

  • にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備
    にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
  • にほんブログ村シニアライダー
    にほんブログ村 バイクブログ シニアライダーへ
  • にほんブログ村バイクブログ
    にほんブログ村 バイクブログへ

« スペースオデュッセイとインターステラー | トップページ | あれれ »

2014年12月 1日 (月)

やっと来ました

3週間待って、やっと来ましたリアサス君。
期待ワクワク、箱から取り出します。


・どこかで見たような

テクニクスさんから届いた箱には、フルメンテされたリアサスと、交換した部品。
それとステッカーと請求書。

_dsc36877
*いよいよです

さーて、どんな感じでしょうか、注文した本人も見てみるまでは判りません。

_dsc36781
*225セローのそれっぽいかも

カシマコートの銅色は予想できたが、スプリングのパウダーコートの緑はどうかと思っていた。
が、悪くない…たぶん(^_^;)

カラーは選べるので、黒とか黄色(憧れのオーリンズ~)も考えたが、結局セロー的な緑にした。
もっと濃い緑もいいんだが、暗いところに鎮座するので明るい緑を選んだ次第。

カシマコートのほうは、表面はスルスルという手触りで摩擦係数超低そう。
なんでも、モリブデンが埋め込まれているとのこと。
多少、落としきれなかった既存の腐食跡が黒いアバタで残っているが、遠目には判らない。 


_dsc36825
*結構美しいぞ

あとは装着してみて何ぼの世界。

_dsc36814
*バンプラバーも新品


ここまできれいになると、残ったボトムエンドの黒い鉄部やプリロードの調整金物が目立ってくる。

・レポートシートなど

_dsc36866
*レポートシートと旧部品

レポートシートなるものが添付されていた。
ここで、初めてバネレートの数値を確認。
6.7Kg/mm…この数値の意味が判らん自分が寂しい (>_<)

また、スプリングセット長は198mmで標準値より1mm柔らかめ。


交換された部品をみると大きい円筒形金属のかたまりがある。
一瞬何じゃこりゃ、と中を良く見れば、オイルシール、ダストシール類が入っている。
多分、ロッドの出口あたりが、ASSY交換になったんだろーと推測。

セロー250のリアサスはソーキ(ヤマハモーターハイドロリックシステム)製かカヤバ製だと思うんだが、そこから部品が取れるんだ、と関心。
蛇の道はヘビですなー


もひとつはショックオイルで、オリジナルより柔らかめのテクニクスのTRSO-01を使用したとのこと。
もっとも、リアサスのオイルがどういう粘度が標準なのか、はたまた柔らか目なのかさっぱりなので、ここは「そーなんだ」ということ。
あとは乗ってみてのお楽しみ。

で、肝心の請求書ですが…
41Kで、予想よりは低め。
このくらいであれば、純正部品よりやや高いくらいで少しホッとする…

さーて、いよいよ装着。
どうなることやら…(一抹の不安)

« スペースオデュッセイとインターステラー | トップページ | あれれ »

セロー250_足回り・制動系…」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっと来ました:

« スペースオデュッセイとインターステラー | トップページ | あれれ »