2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

バナー

  • にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備
    にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
  • にほんブログ村シニアライダー
    にほんブログ村 バイクブログ シニアライダーへ
  • にほんブログ村バイクブログ
    にほんブログ村 バイクブログへ

« やっと来ました | トップページ | 失敗は成功の? »

2014年12月 4日 (木)

あれれ

さー、いよいよ「装着」だー。
なれど、朝から頭重で気が進まない…
やばい予感。


・お疲れ様

一時的ではあるが、しっかり代役を務めたトリッカーのリアサスユニット。
思わぬ収穫だったのは、乗車感がソフトでいて腰があることと、サグが規定値?の60㎜になること。
感覚的にはかなり腰高。

プリロード調整が付いてないので、このサグ60㎜が例えば体重40kgの人から、60kgの2人乗りの120㎏までの対応を務めるとすれば、それは靴に合わせろ式とも言える。
調整できないということは、そういう事なんでしょう。
でも、1人で通勤に使うレベルでは、かえって快適でした(^^♪

丁度1か月間、320㎞通勤Only、お疲れ様。

Imgp09638
*交代です

・装着しましたが

いよいよ取り付けなんですが、気持ちははやれども、どうにもボーッとなっていて、いかん状況。

Imgp09627
*テクニクスのシールを貼ったんだが、これが…

調子がいまいちなのに、余計なことをしつつ完了。(詳細は次号失敗編)

Imgp096710_2
*納まってますが…

近づけば、緑のスプリングがチラと見えてイイ感じです。

で、肝心のサグですが、なんと90mmで変わらず (?_?)

「じぇじぇ」(既に死語か)

なんでかなー、と暫く考えれば答えは歴然でした。
今回の不良はショック自体で、これはプリロードに影響を与えない。
あくまでも、サグ値はスプリングのプリロードの結果であるということ。
またもや考え違いでした m(__)m

ということは、今回も前回セット長も1mmしか違わないので、差が殆ど発生しなかった(お一人様サグ測定なので厳密値ではない)ということで、つまりは標準セット長では沈みすぎている。(標準よりも重い)

ここからは推測ですが、セロー250の標準は60Kgの1人乗車ではないだろうか。
だとすれば、自分の場合は装備込みで恐らく72Kgくらい、なのでプリロードを加えたほうがイイことになる。

因みに、サグは同じでも跨った感じの作動感は超スムースで、改修前とは比べ物にならない別物状況。
プリロードを12Kg分を加えても硬い感じはあまり無いんじゃないか?

セロー250は、標準セット長197mmの±10mmが調整範囲。
更にひょっとしたら…的な考えだが、バネレートの値はこういうときに使うんじゃなかろうか?
12Kg÷6.7Kg/mm≒1.8mm ?のセット長変更で対応できるのかも。
(違っていたらゴメンナサイ)

更に間違ったかもしれないついでに…
67Kg÷6.7Kg/mm=10mm
なので、目一杯プリロードを加えると、概ね2人分の体重プラスになる勘定。

イヤイヤ、根本的にプリロードとバネレートのことを理解していないし、リンクも関係あるとすれば、この計算は×かな?…もう少し調べるべし。
あとは色々試してみるしかないかー


・インプレ

そんな訳で、通勤レベルですが乗っています。

ぜんぜんゴツゴツしません。
小段差も感じないくらい、よく往なします。
何故か加速感がよくなった気がします。

動作感の向上で+アルファもありますが、ショックがまともになったことでスタートラインに戻れたといえる。
これでプリロードの調整が、初めてちゃんとできる状況になったんだと思います。

« やっと来ました | トップページ | 失敗は成功の? »

セロー250_足回り・制動系…」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あれれ:

« やっと来ました | トップページ | 失敗は成功の? »