2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

バナー

  • にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備
    にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
  • にほんブログ村シニアライダー
    にほんブログ村 バイクブログ シニアライダーへ
  • にほんブログ村バイクブログ
    にほんブログ村 バイクブログへ

« 気が付けば前回から2年 | トップページ | 探訪の旅に出たものの(その1) »

2016年5月10日 (火)

閃いて完成

例のランバル (^^ゞ の改良を思い付いたんで、ちまちまと施工開始。
実のところ切った貼った式ですけど…


・多分完成

前回の「 お忘れですか? 」で汎用カメラプレートによる偏心過ぎる問題を解決するのに考えた結果…

そもそもペンタックス=リコーの WG用のマウント、WGホルダー を改良すれば「いけるんじゃないか」という閃き?にも似た思いつき。


WGホルダーであれば、カメラとの親和性はお墨付きなんで、あとはランバルとの確実な接合が出来れば全て解決できるハズ。

_dsc4357
*本人?もまさか切られるとは、予想しなかっただろうな~

要は、その純正WGホルダーの足というか突起を切り飛ばし、ランバルの上半分のアクリル板に接着しちゃおう作戦 (^.^)


_dsc4358
*あら~

ピラニアという細かい歯の鋸で切断。
後はひたすらヤスリ掛けしてベースの平面に揃えます。

後述の3㎜ナットの収まる部分も、ドリルで浅く削りますが、これが難しかった。
更に、センターにも穴を追加。


Imgp2081
*これを何とかしなくっちゃ

WGホルダーの裏面は平らではなく浅い屋根状になっているので、アクリル板との接着に備え一工夫。

とりあえず、PE(ポリエチレン)板と3㎜ネジと、大きめの手回しローレット付きナットを用意。


Imgp2082
*ランバルの上アクリル板にPE板を接着

接着剤はいつもの、「スコッチ® 超強力接着剤 プレミアゴールド スーパー多用途2 ブラック」を使用。
多少ゴムっぽいですが、概ね何でも付きます。


考えながら進めているので、実際収まるのか?みたいな不安もありますが、そこは正に考えて解決して行くしかない…訳でして。

Imgp2083
*片側のみですが

PE板には3㎜手回しナットの通る穴を開けますが、このナットは手回しのためではなく、単に表面積&形状が接着時に食いつき良さそうなんで選んだ次第。

Imgp2085
*横から見た図…ナットの出具合と追加PE板(片側)

PE板に小さな土手的なPE板をさらに接着。
コイツは対になるように長手方向に2個付けます。


Imgp2086
*両側に接着+センターに穴あけ

手回しナット(突起)部の接着だけでは不安なんで、センターに穴を追加して機械接合に備えます。

Imgp2087
*ヤスリの技?

仕上げは不揃いですが、まぁいいかな。

Imgp2090
*エポキシ充填前にセロテープで外縁とセンター穴回りを養生

接着には2液混合エポキシ系接着剤でと思っていたんだが、ポリ~系統のプラスチックにはガッチリ付かないことが判明したんで不採用。

ですが、硬化後の切削加工には向いているんで、外部に接着剤がはみ出ない用の土手として使用。


Imgp2095
*エポキシでダム?造り

24時間硬化後ですが、土手ができれば後は最後の行程です。

Imgp2096
*充填前に全員集合

さーて、いよいよ接着本番。

Imgp2097
*こんな感じで接着かな(仮組み時)

接着面と、土手の隙間にプレミアムゴールドを流し込む感じ(写真なし)で充填気味に塗る。
接着剤で多めは通常無意味なんですが、両側のPE板の接着面からはみ出た分が、どうせ回り込むんで気にしない。


Imgp2098
*うまく付きますように…

コンタクト!

Imgp2099
*両側のネジ(3㎜)はズレ止め程度、本命は真ん中のネジ

上下のねじの位置合わせが難しくて、センターネジはやや斜めったが、まーいいかの範囲。

Imgp2100
*クリアランスも問題なし(真ん中ボルトは短いので交換予定)

まぁ、問題なさそう。

_dsc4386
*実機を載せてみて

今回の改造で、全体がコンパクトになって収まり良く車載出来そう。

_dsc4389
*横から

構想から1年半近く。
思った以上にいい…成功かな。



・インプレッション

高速試験に行きたかったんだが、業務多忙でムリー。
と思いきや、休日出勤の午後が空いたんで、それっと関越へGo!



Imgp2107
*関越本線上料金所手前

三芳PAで久々の休息 (^.^)

Dsc_0649
*前回よりは当然収まりが良い

ミニスクリーン正面から見れば従前通りはみ出てはいるものの、走行中特に問題を感じない。

Dsc_0650
*横から

Dsc_0651
*空気抵抗、でかそう~

こうなると、もう少し低くセッティングしたいんだけど、サインハウスのM5シリーズのショートタイプアームは既に絶版…

Dsc_0647
*いも恋の今日のお相手は狭山茶

さて、休息後は川越ICから一般道経由の50Kmコース。

Imgp2120
*巡行時では特に問題ない

Imgp2124
*ダメな事例…交差点からの加速時

Imgp2126
*緩加速であれば問題なし

Imgp2141
*中低速時も概ねOK

やはり微振動は相当キャンセル出来ている感じがする。

ゴムサスの中に入れているシリコンパイプの材質を変えれば、効きの調整が出来そうなんだけど、このままでも問題なしだと思う。
概ね70点で、OKでしょう。

« 気が付けば前回から2年 | トップページ | 探訪の旅に出たものの(その1) »

セロー250_全般」カテゴリの記事

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 閃いて完成:

« 気が付けば前回から2年 | トップページ | 探訪の旅に出たものの(その1) »