2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

バナー

  • にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備
    にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
  • にほんブログ村シニアライダー
    にほんブログ村 バイクブログ シニアライダーへ
  • にほんブログ村バイクブログ
    にほんブログ村 バイクブログへ

« 探訪の旅に出たものの(その5) | トップページ | やっと前 »

2016年6月26日 (日)

このオイルは良いものだ

禁断のお泊りツーリング後、3,000㎞になる前にオイル交換です。
勿論、プレミアムシンセティック。


・進化してた

何時もの使用パターンだと、交換後1,800Km超えあたりからシフトタッチが怪しくなってきて、2,000Km過ぎで、時にはテコでも入らない状況が散見される。
特にシーズン的に夏を超す場合が顕著。

そんな、 ヤマルーブプレミアム でしたが、前回の交換で新缶プレミアムシンセティックになってからは、そんな症状もあまり感じず、最近ややフィーリングがガサ付いてきたかな?程度。

違和感が少ないもんだから、大鹿村ツーリングもこなし、とうとう2,900Km超えでやっと交換です。

ウチのセロー君の場合、シンセティックはコストパフォーマンス高し、と言えます。


Imgp2745
*漏斗は1L缶に移す時に使用

注入時、何時もはアッパーとロアーの真ん中までで止めているんですが、オットットでアッパーまで行ってしまった…

聞くところによると車の場合、入れすぎは攪拌抵抗?とかであんまりよくないとのこと。

バイクは、というよりセローの1.2ℓという小容量故のオイルへの負荷を考えると、少な目よりはいいんじゃないかと、勝手に納得。

影響…ブローバイが多く吹く位かな?

取りあえず交換後は例によってフィーリングがルルル化、シフトタッチの回復など、気持ちイー。

« 探訪の旅に出たものの(その5) | トップページ | やっと前 »

セロー250_全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: このオイルは良いものだ:

« 探訪の旅に出たものの(その5) | トップページ | やっと前 »