2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

バナー

  • にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備
    にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
  • にほんブログ村シニアライダー
    にほんブログ村 バイクブログ シニアライダーへ
  • にほんブログ村バイクブログ
    にほんブログ村 バイクブログへ

« うちで出来ること(20メンテその2) | トップページ | うちで出来ること(20メンテその3) »

2020年5月 9日 (土)

うちで出来ること(マフラー交換)

昨年の暮れのこと…やっとその気になったSP忠雄のSUSマフラーはなんと在庫無し。
4か月経過のある日、入荷の連絡があったんだが、この状況下なので…さぁどーしたものか?


・ウィスパー

パワーボックスSUS。
個人的には、あの茶筒みたいなデザインが気に入らなくて、決断に数年を要しました。

セロー250のデザインのまとめ方の上手さは、全体もさることながらマフラーの形にも表れている。
おそらくGKデザインの手になるんだと思うが、このマフラー・ヒートガードはデザイン上のキーポイントになっており、自分的には気に入っていた。

それでも、忠雄さんエキゾーストパイプと対になるマフラーを試してみたい、という思いがあったからこその決断。
ウィスパー仕様を予約してしまったものの、本当にこれで良かったのかなどと更に迷いながら4カ月後に届いた連絡。

この状況下ではマフラー交換したところでツーリングにはチョット行きづらい。
それでも、時間の使い方としては出かけない代わりの作業として悪くなかろうと、結局本発注 (^^ゞ

Imgp9034
*SUSウィスパー

重さは、たったの1.9Kgで、純正より3Kgほど軽量化。
ウィスパーを選んだのは、少しでも静かなほうが良かったから。
それでもノーマルよりは2dbほどアップらしいんだが、どの位うるさくなるのかな?


Imgp9037edit
*裏面

裏側は同じくステンレス素材のステーが溶接されている。

Imgp9038
*エキゾーストパイプとの接続部

マフラーとエキゾーストパイプ接続部の間はテーパー状中間パイプでつながっていて、ここもステー金物が溶接されている。

Imgp9036
*排気口側の端部、バッジはブルーでした

茶筒状のマフラー端部はアルミリベットで固定されており、隙間はシールされている。

マフラー円筒側面が二重構造ならばいいんだが…
プロテクターが付かないんで、ここが一重だと衣類が溶けるとか、火傷の心配とかが心配になってくる。
実際、どーなんだろうか?


Imgp9039
*エンジン側の端部

こういう見えるところの溶接は実にキレイ。

Imgp9033
*エキゾーストパイプ側から見た三元触媒? 

リボン状の変なのがたぶん触媒。(純正はハニカムタイプでした)
この形状で基準を満たせるんだから少し不思議だが、排ガス対策の証明書が付いてるんで問題ないという事です。(アイドリングでの規制値をクリア) 
個人的には排ガス臭いのは嫌いなので、高価な三元触媒が付いているのは嬉しいところ。(業界的に触媒無しはNGらしい)
※追記:2021/6(O2センサーが無いので三元触媒ではなく二元触媒なのかもしれません)

・装着

4月後半、幻のGW?直前に作業実施。

Imgp9042
*既存のエキゾーストパイプ

既存純正マフラーとの接続の際に使った液体耐熱ガスケットの残存物を出来るだけ取り去る。
あとは、エキパイとマフラーの接続部は嵌め込めこみ、2か所のボルトを締めるだけ。

説明書には液体ガスケットを塗る的なことが書いてあったが、手持ちのモリワキME30は既に固まっていて使えなかったため、それ無しで組付けることに…
純正のように割が入ってないんで、ガスが漏れなければこのままでいいかも知れない。


Imgp9044
*全体に寸胴だが、うまい位置に収まって見える

Imgp9045
*バックシャンとは言えないが悪くない形状

Imgp9046
*フレームと2か所で吊る(従前と同じ)

Imgp9049
*側面の張り出し

Imgp9050
*収まりました

あとは乗って何ぼの世界。

近場での感想ですが…
アイドリング音は、ややうるさいが許容範囲。
単気筒らしい鼓動感や、従前よりは一発一発蹴り出される感じがあり、バイク度?がアップした様でもある。
何時ものアクセルワークでメーターを見ると3~5Km位速度が出ている。
45~50Km位の頭打ち感が少ない。
おっと、茶筒表面は熱いぞ注意…(*_*;
※追記:2021/6(熱いといっても火傷する程熱くないんで、二重構造の可能性アリ)

当社比で全体に動力性能が上がった様な感覚。(実際上がっているのかも)
なので、コーナリングなどでは自ずとアクセルワークが違ってくる。

遠くまで行かないにせよ、チョコっと高速とかインプレしたいんだけど…うぅむ。

・PS

現状では、お山や遠くは自粛しているんで、1時間ほど離れた町に買い物に出かけるのが気持ち的に限界。
その帰りに少しだけ高速道。
通常の流れでは、エンジン音的に従前の無理な感じが少なくなり、運転者的にもストレスが減ったようにも感じる。


追越し加速となれば、あっという間に必要以上の速度となり驚く。
アクセル開度に対して、今までこんな加速したっけ?
ぬけが良いというのはこういう事なのかもしれない…

Imgp9077
*それにしてもショートなマフラーだこと

自分でいうのも変だが、サスペンションはそれなりにメンテしているんで安定感は概ね問題なく、この強加速(当社比)でも心配ないから良いんだけど、ちょっとセロー君的ではない何者かになった感じもする。
おっとりしてたのにね、あの子…と言われそう (^^ゞ

また、ちゃんとツーリングに連れ出してあげたいもんです。
落ち着いた日々が訪れることを祈り、今は通勤レベルの使用で耐えるしかありません。


« うちで出来ること(20メンテその2) | トップページ | うちで出来ること(20メンテその3) »

セロー250_全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« うちで出来ること(20メンテその2) | トップページ | うちで出来ること(20メンテその3) »