2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

バナー

  • にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備
    にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
  • にほんブログ村シニアライダー
    にほんブログ村 バイクブログ シニアライダーへ
  • にほんブログ村バイクブログ
    にほんブログ村 バイクブログへ

« 暑い~が…やらねばならぬこと(チェーン周りその3) | トップページ | 暑さも過ぎたが…やらねばならん事(チェーン周りその4) »

2020年9月20日 (日)

久方ぶりの遠出…

未だ灼熱の日々が続いているので、まだ夏なんでしょうかね。
それでも、微妙に秋風が混じってきた?だからと言う訳ではないけど、遂に禁を破り出かけてしまいました。


・西へGo

夏休を使う機会もあまりないままの寂しい夏。
さらに代休なんかも残っていたりで…
世間様を良く見回せば、皆さん適当にお出かけしている様で、密な状況も散見されている。

オープンエアなバイクツーリングは感染絡みの心配は少ないハズなんですが、
出かけた先でトラブれば周りへの迷惑など顰蹙ものだったんで、自粛という図式となる。

それでも、東京までもがGOTO圏内になりそうな状況。
なので、基本的な3つの密など注意事項の厳守、人の集まる店舗の出入りを最低限に出来るならば、ロングツーリングとはいかなくとも近県レベルならアリということで、考えたいと思います。
 

言い訳はそんなところで…(^^ゞ

目的地は、おぼろげに奥多摩方面。
名栗に抜けるか、塩山経由で雁坂に向かうか…さて。

相変わらず、家事を済ましてから9時前にゆっくりと出立です。

Dsc_0600-1edit
*青梅市内で休憩

新青梅街道で青梅市街に入ったのは約1時間後。
セブンで水気の補給、車上の気温計は既に35℃。
クラクラする訳だ…


Imgp9695edit
*軍畑あたりか?

青梅市街からR411で奥多摩方面へ向かう。
名栗方面には向かわず、柳沢峠~塩山~雁坂峠~秩父とポピュラーな周回ルートで行くことに決定。

Imgp9701edit
*R411奥多摩街道を西へ

かつては、それこそ年に数回は通っていた柳沢峠への(からの)道。
今では数年に1回とかの頻度。

Imgp9704
*おー小河内ダム

いいタイミングでシャッターが下りた、ペンタ君(WG-Ⅲ)

Dscn0637
*ダムの湖面

画像が流れているのは、超高速走行…
ではなくて、keyMission80のシャッター特性か。

お手軽で機動性、速写性が高く重宝しているんだが、こういう流し撮り的な場面は苦手の様です。
前後に車がないこと、付近に人家の無いことが車上撮影の前提、しかも勘頼みのノーファインダー撮影。


Imgp9708
*こんなトンネルを幾つも抜ける

通過する数を重ねる毎に、トンネル内温度が下がってくる感じがする。

・甲州ひさびさ

R411は、いつの間にかに都県界を超えて山梨県丹波山村に入る。
「道の駅たばやま」で休憩。

Dscn0639edit
*丹波山村の道の駅

温泉も併設されており、なかなか素敵です。
まだ午前中、道中これからなので今日は寄りませんが、何れ機会があれば入湯したいものです。

Dscn0638
*対岸に「のめこい湯」

お土産購入は地元のため、自分のための作法?
味噌、菓子など数点購入します。

Imgp9713
*再びR411

行くぞ柳沢峠。
…なんですが、その前に今まで行ったことのない一ノ瀬高原というところにチョット寄り道。


で、うっかり入り口(おいらん渕)を通り過ぎ、出口(塩山に近い側)から侵入~

Imgp9718
*取り敢えず舗装路沿いに進む

林道級の道を上っていけば、涼しくなってくる。
民家は数件あるのみで、まさに山中。

Dscn0646edit
*犬切峠の近く

ここでストップ、道を間違えたことにやっと気付く。
本来の丹波山村寄りのおいらん渕側が通行止めで、一ノ瀬高原に行くには今いるルートのみらしい。
要は通り抜け出来ないという事。

こんな世情で行止まり地区に立ち入るのもどうかと思い引き返すことに…

久々のツーリングで腰が引けているのかも?

Imgp9727
*再びR411

国道に戻れば、この先の柳沢峠を挟み塩山までの相当の区間が改良されている。
良路故の高速コーナー連続なので、既にセロー向きではない?


Dscn0648
*柳沢峠の茶屋、ひさしぶり~

店内にはチャリ、バイクの数人が。
昼食にしようかなと思ったが、たまたまか店の人が出てこない。
まぁいいか、でそのままスルーしたが、
飯食わんで大丈夫?

Dscn0652
*心配だなー

例のカシメをチェック、といっても外観を見るだけですが…異常なし?

_dsc2630
*雲のためお姿が見えません

柳沢峠を出て、R411塩山までの下り高速コーナーを恐る恐るクリア。
それにしてもループ橋、いったい幾つあるんだろうか。

Imgp9734
*塩山に向け下る

ループを抜ければ、塩山市街までのズット殆ど真っすぐ下る道。

Imgp9737
*こんな感じで、市街に入っても下るわ~

塩山駅近くのGSでセロー君は補給、人間の補給はまだ (^^ゞ

・雁坂みち

塩山でR411から外れ、恵林寺前を通り過ぎR140、雁坂トンネルに至るR140に入る。

Imgp9743edit
*R140彩甲斐街道

この道も雁坂トンネルが開通する前は行止まりだった。
但し、当時R140は国道として雁坂峠まで通じており、そこは所謂登山道。

若気の至りで、ホンダのシルクロード(CT250)で冷やかしで登山道を少し入ってみたのが30年以上前のこと…
ヤバ気なんで直ぐ諦めた(^_^メ)思い出の道。


Dscn0653
*夏雲強烈

R140、山梨県側は幅員、勾配も適正な良路で走りやすい。

Imgp9746
*どんどん登る

Imgp9749
*さらに登る

ロックフィル式の広瀬ダムを横目に標高を上げる。

Dscn0659
*雁坂トンネルの入り口の料金所

さぁ、いよいよ雁坂トンネル入り口です。
因みにこのトンネル、自転車歩行者は通行できません…もったいないなー

Dscn0660
*既に27°…涼しい

やや高いかな、と思いたくなる590円ですが、この先その訳も理解できる眺めが堪能できます。
いざ突入~


Imgp9751
*雁坂トンネル内

トンネル内で標高1200m、気温21度。
暑さに馴染んだ体には超サムイ。

・奥秩父

Dscn0662
*トンネル出て直ぐの橋上

向こうに赤い橋、豆焼橋が見える。

_dsc2631
*絶景…かも(拡大をお勧めします)

埼玉県側は、どー見ても人外魔境的な感じ。

_dsc2634
*坑口を振り返る

凄い所に道を作ったもんです。
しかも、日本で第二位の長さを誇る山岳トンネル。
更に、これから先の埼玉側もとんでもない道で、とても普通の規格の国道とは言えない箇所が続く。
例えば、福島ー新潟の六十里越のほうが、規格的に出来ているような気もするが、あちらは長さが半端ないから比べても仕方ないか…

Dscn0665
*豆焼橋上(シャッターの関係か妙なブレ方)

このあとは、キツイ下り勾配やキツイ曲線半径が山岳県道的な箇所を過ぎ、滝沢ダムに至れば普通な国道区間となる。

_dsc2636
*雷電廿六木橋(これで全体の1/4くらい)

Dscn0668
*らいでんとどろきはし

丁度展望所があるので小休止。

Dscn0671
*またチェック (^^ゞ

_dsc2643
*橋の下にも展望所アリマス…正面に滝沢ダム

Imgp9772
*昔の風情な国道140

Imgp9776edit
*市街地に近づけば益々昔の国道だR140

西武秩父駅辺りの市街地で、R299にスイッチするためショートカット。

Imgp9784
*R299は正丸~飯能方面に向かう

Imgp9785
*芦ヶ久保道の駅入り口

芦ヶ久保の道の駅で大休止。
昼飯食べてなかった午後3時過ぎ、既に食堂はクローズ (>_<)

Okutamaokuchichibu
*奥多摩~塩山経由で奥秩父~秩父方面へ(by 地理院地図)

今回、ガーミンのeTrexが何故か機能せずで、止む無く手書きで上の如くなルートマップ。

Imgp9794
*R299正丸トンネル内

雁坂TNが長すぎるんで、相当短く感じる正丸TN。

Imgp9795edit
*勝手知ったる何時もの飯能ー秩父ルート 

Imgp9802edit
*R299から県道で日高方面へ

狭山ICで圏央道へ。

Dscn0673
*一瞬高速にて

余り気が進まないが、タコメータのチェック。
概ね80kmで5000回転位?
走行性能曲線からは、もう少し高い回転にも読めるんだが…
ドリブンギアが2丁少ないんで5%程度の誤差なのか、そもそもが10%増しのハッピーメーター故なのか判らない。
今後、確認してみたいと思います。


Imgp9811
*関越で帰ります

久方ぶりの遠出は残暑と相まって疲れました。
それでも、出先での自然や人の営みの景色は、日々の繰り返しで麻痺した心身には良い刺激。
やはりツーリングは楽しいの一言に尽きます。
                            (本日の走行距離 264km

« 暑い~が…やらねばならぬこと(チェーン周りその3) | トップページ | 暑さも過ぎたが…やらねばならん事(チェーン周りその4) »

ツーレポ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 暑い~が…やらねばならぬこと(チェーン周りその3) | トップページ | 暑さも過ぎたが…やらねばならん事(チェーン周りその4) »