« 復活の外部電源 | トップページ | 福島の旅_2 »

2015年5月10日 (日)

福島の旅_1

GWは三陸に行ってまめぶ汁…と思っていたんだが、諸般の事情であきらめ。
いつものように、福島県いわき市へGO。


・ふくしまの春

三陸に行くつもりだったので、予約を消していなかった旅籠屋須賀川店に休みの前日夜10時半に到着。(旅籠屋リンク
因みに、1年半前にセロー君でお邪魔した宿でもある。

翌朝、GWの初日はここから東に横っ飛びでいわき市に向かうわけですが、その前に寄り道。

シーズンを外しましたが、三春の滝桜。
桜が満開の時期は、車ではとても近づけるものじゃありませんが、ガラガラです(^^)v

Dsc_0284
*花の時期は過ぎてしまいましたが…

樹齢1000年と伝えられる老木です。
幹は相当歳を感じさせるゴツゴツぶりですが、枝は元気のようです。

Dsc_0274
*周りは相当手入れされています

売店のおばーちゃんに聞けば、30~40年前は滝桜以外は何もなかったんだよ、囲ってなくて幹まで行けたんだよ、とのこと。
人が集まって、止む無く整備、ってかんじですかね。

花もよいけど、枝葉でも尚よし…なんてね。

で、夏井川渓谷を下りいわき市に向かいます。

Dsc_0289edit
*新緑の道

夏井川は県道沿い。
途中、磐越東線と何度か踏切でクロスする、川と鉄路の趣のある渓谷ルート。

Dsc_0495
*鬱蒼と成りきる前がちょうどよい


渓谷を抜ければ、毎度おなじみの平場に抜ける訳です。

因みに、この辺りまでは驚異の燃費18Km/リットル超えなんですが、緩くとも平均すれば下り道だったんで、そんなもんでしょうか。

Dsc_0298
*田起し後、かな

田には水が行き渡りつつあり、昼だというのにカエルたちが、げろけろ大騒ぎ。

新緑の時期は生き物たちの目覚めの季節。
毎年、うれしありがたい時期です。


Dsc_0300
*すぐ捕まえられます

ヤツは早速畦道に生き物さがし。

Dsc_0302edit
*それはやめれってば

シマヘビだと言うんだが、ほんとうか?

午後は、比較的近所のイチゴ農園のハウスにお邪魔しました。


Dsc_0310
*いい色です

正月の時より、身が締まっていて、適度な甘さでうまい。
ミルクは無くても良いくらいで、実際ミルクはくれませんでしたが、全くOK。


Dsc_0311
*イチゴの花

いや、うまかった。


さて、翌日は実家の近所を散策。


Dsc_0318
*藤

今年のフジは4月の日照不足で色がイマイチだそうです。

Dsc_0325
*たけのこ(おおきいので食べれません)

たけのこが彼方此方に出てきていて、取って食べるより退治するほうが忙しいみたいです。

Dsc_0332
*マルハナバチ?

午前中は彼らがブンブン蜜探しに忙しく、結構飛んでいますが、東京と違いお互いそんなに気になりません。

・いわき散策

さて、いわき市にも色々公共の施設があり、有名なところでは「石炭化石館ほるる」や「アクアマリンふくしま」などが、ハワイアンズ以外には押さえどころですが、マイナーな部類を少々…

かみさんが前から行きたいと仰せなので、これに応えて「暮らしの伝承郷」。(リンク


Dsc_0338
*よくある佇まい

江戸から明治期までの民具や人々の生活風習をテーマとした展示館。

Dsc_0340_2
*入口が~これか~

怖い入口と怖くない入口があるという不可思議さは置いといて(^^ゞ

Dsc_0339
*中はこんな具合

常設では懐かしい昭和の子供の生活からもろもろがあって1室のみ。

映像コーナーは興味があれば面白いと思うが、カミさんは感心してみていた、というか近いんだろうなー。

で、屋外展示はといえば。


Dsc_0354
*桃源郷のような

新緑の時期なので絵になること…

いわきの移築された古民家が5棟。

Dsc_0353_2
*かまどに煤けた天井

中はどれも天井が梁柱丸出しで煤けているのは古民家の標準としても、間取りが似ている、というか判を押したように瓜二つなのが特徴といえば特徴。

民俗学的な歴史文物が好きであれば相当面白いところなんでしょうが、春ののどかな陽気の日にふらっと覗いてみてもいいような所かもしれません。


さて、昼飯はといえば、大好きな山の喫茶店。


Dsc_0357
*時季の森

ここに至るまで、相当の覚悟が必要な激坂ルートを降りるしかない、という不思議な店、カフェレストランギャラリー「時季の森」。

それでも、昼時だったので満席。
って皆あの道通ってきたのかー!


Dsc_0358
*手作り感満載の店内

ピラフが薄味なのに何故か美味しい。

ちなみに、あまりにもアクセスが良くないためか営業日は金土日のみとのこと。
場所はヒミツです (^^ゞ


Dsc_0360
*外に目をやれば森の上

こんなロケーションだから、いつまで続くかと思っていたが、どっこい好いところは好いんだよね、人気あるみたいで少し嬉しい。


さて、食後はいわき市の著名人である草野新平の生家に向かいます。

マイナーではないものの…いや、ジャンルがマイナーなのかな。
でも、名前を知っている人は多いわけで、自分もその一人なんですが…


Dsc_0366
*展示はさらっとしてますが

生家をというより、どうも周りの集落である小川郷全体が草野新平の原点であるように思えました。
というのも、別にこれといったものもなく…

もし、具体を求めるならば、数キロ先の山の上のダムにある「草野新平記念文学館」に行けばよい訳です。


Dsc_0365
*近所の地図

だから、あーここで生まれ育ってあちこちに繋がっていったんだなー、と思えればいいんだと思います。

Dsc_0372
*詩碑がひとつ

十数年いわきには来ているが、やっと訪ねることができて少し満足でした。

Dsc_0373
*小川郷の田圃

どこにでもある景色ですが、かけがえのない景観というか原風景なんだなと思います。

Dsc_0375
*春はいいよね

因みに、今回の旅行の写真は殆どがNikonD40と新レンズ(AF-S DX18-55㎜VRⅡの中古)で撮っています。

Dsc_0374
*近所のケヤキ

別にV1やめたわけではないんですが、少々事情がありSLRに復帰した次第で、顛末は何れご紹介出来れば、と思います。

« 復活の外部電源 | トップページ | 福島の旅_2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

ミュージアム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島の旅_1:

« 復活の外部電源 | トップページ | 福島の旅_2 »